【Fate/Apocrypha(フェイト アポクリファ)】第22話感想 3人の誇り高き英霊【2017年夏アニメ】

NO IMAGE

今までの話

 

www.room45-ohohoh.com

 

第22話のあらすじ

【再開と別離】

ジャンヌ・ダルクを討ち、願いを叶えるためその身を魔獣と変えたアタランテ。

ジャンヌもまた己の為すべきことを果たすべく、アタランテへと立ち向かう。

一方、カルナとの激闘の末にジークは変身が解け元の姿へ戻ってしまう。

即座に令呪を使用し、ジークフリートの姿へと戻ろうとするジークをカルナは制し、後方に控えていたカウレスへ声をかける。

STORY | TVアニメ「Fate/Apocrypha」公式サイト

 

 

感想

いや、本当に今回はすごい…

最近神回という言葉を多用していますが、本当に神回でした。

 

とりあえず最初にこれを言っておきたい。

もしかしたらアポクリファ感想記事の最初で言っているかもしれませんが、私はアポクリファの絵の感じが正直好きじゃありませんでした。

 

zeroもstay nightもすっごくキレイだったじゃないですか?あれを期待していた分、最初はちょっとがっかりしていたんですよね。

 

でも1話の戦闘シーンがめちゃくちゃド派手でかっこよくて、それでこの作画も悪くないじゃんって思ってたんです。

 

そして今回。

 

本当に最高の戦闘シーンでした。本当にすごい。

これぞ神作画。

制作スタッフの皆様本当にお疲れ様でした。マジですごかった。

 

もうね、カルナvsジークの戦いは最初っから最後まで鳥肌立ちっぱなしで、めちゃくちゃ興奮してしまいましたよ。それくらいすごかった。

 

 

はい。そんなわけで今回は戦闘盛りだくさんで、3人のサーヴァントが退場となりました。

 

先に話題に上げてますが、ジークvsカルナ。

カルナは本当にかっこいいサーヴァントですね。いつのまにか戦場に来ていたカウレス(いつの間に来たんだ?)に、捕らわれている元マスターを助けてくれるようにお願いし、今のマスター(シロウ)にもしっかり忠誠を誓う誇り高きサーヴァントでした。

 

ジークとの戦いも、ジークフリートとの約束だからと言ってましたよね。なんて素晴らしいサーヴァントなんだ。

 

そしてジークもルーラーを守るためにカルナと戦います。

f:id:onuma00:20171211221909p:plain

STORY | TVアニメ「Fate/Apocrypha」公式サイト

 

カルナとジークの戦いは凄まじく、正に神々の戦いでした。目からビームとか出てました。

 

カルナはジークを仕留めるため、自身の最強の一撃を繰り出します。

対するジークは、令呪の最後の1画を上乗せした宝具の一撃で対抗します。しかし、令呪を上乗せした攻撃でもカルナの攻撃を止めることはできませんでした。

 

そんなジークのピンチに現れたのは、アキレウスから譲り受けた宝具を持ったアストルフォでした。アキレウスの宝具「アキレウスコスモ」を使い、一つの世界を顕現させ、カルナの攻撃を受けきります。

 

最後の一撃は、ジークがアストルフォから受け取った剣によるものでした。

マスターの助けなしで戦ったカルナと、マスターとサーヴァントが共に戦ったジークとアストルフォ。

 

もしカルナがマスターと共に戦っていたなら勝敗は変わっていたでしょう。

結果として1対1の戦いにアストルフォが水を差すような展開ではありましたが、私は悪くなかったと思います。

 

カルナの散り際も満足気であり、サーヴァントとしてあまりにもかっこいい、最高の最後だったと思います。

f:id:onuma00:20171211221839p:plain

STORY | TVアニメ「Fate/Apocrypha」公式サイト

 

次はアタランテvsジャンヌではなくアキレウス。

 

そういえば前回、アキレウスは実質戦えなくなったと言ったが、あれはウソだ。

 

アタランテvsジャンヌの戦いは途中からジャンヌではなくアキレウスに代わりました。

アキレウスはアタランテのことをずっと「姉さん」って言ってましたが、やはり特別な感情を抱いてたんですね。

f:id:onuma00:20171211222036p:plain

STORY | TVアニメ「Fate/Apocrypha」公式サイト

 

ジャンヌに対する憎しみから完全に魔獣と化し、もはやバーサーカーとなってしまったアタランテ。それを止めるためにアキレウスは同じ陣営である彼女と戦います。

f:id:onuma00:20171211222004p:plain

STORY | TVアニメ「Fate/Apocrypha」公式サイト

 

相打ちとなった2人。

アキレウスの腕の中で消えたアタランテ。

彼女を止め、その最後を見送り自らも消えたアキレウス。

消え行く2人の顔はとても安らかでした。

 

 

今回はバトルシーンがとてつもなく良かったのですが、退場した3人のサーヴァントの最後も本当に良かった。

聖杯は手に入らなかったものの、3人ともサーヴァントとして満足のいく最後だったのではないかと思いました。

 

 

新たにサーヴァントが退場し、物語は最終局面を迎えます。

 

しかし!

 

ここに来て次回はとんでもない展開が待ち構えているのかもしれません。

それはカルナが最後に残した言葉。

 

「ルーラーはこちらのキャスターが倒すだろう。ルーラーとあの男の相性は最悪だ」

 

 

え?…ルーラーってあのおじさんですか?シェイクスピアのことですか?

 

ここまで傍観者に徹し、道化だと思われていたあのおじさんがルーラーの天敵になるとは誰が予想したでしょうか?

一体どうなるのか?全ては次回明かされます!

 

次回へ続く!

 

 

アニメカテゴリの最新記事