『ドラゴンボール』のアニメや映画を見るならここ!おすすめの動画配信サービス比較

『ドラゴンボール』のアニメや映画を見るならここ!おすすめの動画配信サービス比較

出典:ドラゴンボール公式サイト

子どもから大人まで幅広い世代に愛され、国内だけでなく海外にもたくさんのファンがいる『ドラゴンボール』。

今までたくさんのアニメや映画が制作され、2019年現在も新作テレビアニメが放送中です。

今回は「『ドラゴンボール』のアニメや映画をみるならここ!おすすめの動画配信サービス比較」と題して、ドラゴンボールを見るのにおすすめの動画配信サービスを紹介していきます。

目次

アニメ『ドラゴンボール』のシリーズについて

初めてアニメ『ドラゴンボール』の放送が開始されたのは1986年2月26日。その後原作のアニメ化作品だけではなく、アニメオリジナルシリーズやデジタルリマスター再編集版など様々なシリーズが放送されました。

原作が題材になっている『ドラゴンボール』(1986~1989年)、その続編となる『ドラゴンボールZ』(1989~1996年)。

アニメオリジナル作品の『ドラゴンボールGT』(1996〜1997年)。

ドラゴンボールZのデジタルリマスター再編集版『ドラゴンボール改』(2009〜2011年、2014~2015年)。

ドラゴンボール原作者の鳥山明が初めてアニメのストーリー制作を担当した『ドラゴンボール超』(2015〜2018年)。

原作の人気の高さはもちろんですが、昭和後期から平成、最近に至るまでずっとアニメが放送されていたこともあり、大人から子どもまで幅広い世代愛される大人気アニメです。

 

7つ集めるとどんな願いも叶えてくれる『ドラゴンボール』。

そのドラゴンボールを中心にストーリーは進んでいくのですが、このアニメの1番の見どころはなんと言っても主人公である『悟空』とその仲間たちが繰り広げる『強敵との戦い』です。

敵味方問わず全てのキャラクターに魅力があるドラゴンボールシリーズ。各エピソード毎にどんな敵が出てきて、どんなお話なのかもう一度おさらいしておきましょう。

ドラゴンボール(1話〜101話)~孫悟空少年編~

人里離れた山奥に住む、尻尾の生えた少年『孫 悟空』。

主人公である彼は、西の都からやってきた少女『ブルマ』と共に、7つ集めるとどんな願いも叶えてくれると言われる『ドラゴンボール』を探す旅に出る。

旅の途中で知り合った亀仙人の元で修行を積んだ悟空は、世界一の武術の達人を決める『天下一武道会』へ出場するのだった。

ドラゴンボール(102話~153話)~ピッコロ大魔王編~

かつて絶対的な力で人間たちを恐怖のどん底に落としたピッコロ大魔王。

復活したピッコロ大魔王は、クリリンや亀仙人など悟空の仲間たちや多くの武道家たちを殺し、仇を討つために戦いを挑んだ悟空も倒されたしまう。

一度は敗れた悟空だったが、ヤジロベーや仙猫カリンの協力を得て潜在能力を引き出し、ピッコロ大魔王を倒すことに成功する。

3年後、青年へと成長した悟空は『天下一武道会』へ出場するのだが、そこにはピッコロ大魔王の生まれ変わりであるマジュニアの姿があった。

ドラゴンボールZ(1話~35話)~サイヤ人編~

ピッコロ(マジュニア)との戦いから5年後、息子『孫悟飯』が生まれ平和に暮らす悟空の前に、実の兄である『ラディッツ』が宇宙から襲来する。そこで告げられたのは自分が惑星ベジータの戦闘民族サイヤ人であるということだった。

さらわれた悟飯を助けるためにピッコロと共に共闘する悟空は、自分の命と引き換えにラディッツを倒すことに成功するも、1年後にさらに強力なサイヤ人が地球にやって来ることを知る。

ドラゴンボールで復活するまでの間、”あの世”の界王の元で修行を積む悟空。

サイヤ人の王子『ベジータ』との宿命の戦いが始まる。

ドラゴンボールZ(36話~107話)~フリーザ編〜

死んでしまった地球の神や仲間たちを復活させるため、重症の悟空に代わり、ブルマ、クリリン、悟飯の3人は、ピッコロと地球の神の故郷であるナメック星へ向かう。

しかし、ナメック星では不老不死を求めてドラゴンボールを探しにやって来た、宇宙の帝王『フリーザ』による虐殺が繰り広げられていた。

地球で戦ったベジータも巻き込んで、悟空たちとフリーザの戦いが始まる。

そして、悟空は伝説の”超(スーパー)サイヤ人”へ覚醒するのだった。

ドラゴンボールZ(118話〜194話)~人造人間・セル編~

ナメック星での戦いから1年後、密かに生き延びていたフリーザ一味が地球を襲撃する。しかし、突如現れた青年の超サイヤ人によってフリーザ一味は撃退される。

青年の名は『トランクス』。未来からやって来たベジータとブルマの息子だった。そして彼は、3年後に現れる2体の人造人間が絶望の未来をもたらすことを悟空たちに告げる。

来たるべき日に備え、修行を積む悟空たちだったが、トランクスさえ知らない強力な人造人間と未来からやってきた究極の人造人間『セル』の出現により、歴史とは全く違う方向へ物語は進んでいく。

地球の運命を決める戦い『セルゲーム』が幕を開ける。

ドラゴンボールZ(200話〜291話)~魔神ブウ編~

セルゲームから7年後、成長した悟飯が天下一武道会に出場すると知った悟空は、自らも出場するため、1日だけ許しを得てこの世に帰ってくる。

武道会の最中、悟空たちは界王神から最悪の魔神『ブウ』の封印が解かれようとしていることを知る。

地球の運命を賭けた最終決戦。悟空vs魔神ブウの戦いが始まる。

ドラゴンボールGT(1話~26話)~究極のドラゴンボール編~

ドラゴンボールZから5年後、悟空はウーブの修行の最終試験を行っていた。

そこに現れたのは、新たなドラゴンボールの存在を嗅ぎつけたピラフ一味。ピラフの野望を叶えるために呼び出された神龍だったが、勘違いにより悟空が子どもの姿にされてしまう。

使われたのは『究極ドラゴンボール』。願いを叶えた後、宇宙中に散らばったそれらを1年以内に元の場所に戻さないと地球が爆発してしまうことを知った悟空は、孫のパン、成長したトランクスと共にドラゴンボール探しの旅に出る。

ドラゴンボールGT(27話~40話)~復讐鬼ベビー編

全てのドラゴンボールを集めて地球に戻る悟空たち。しかし、地球はサイヤ人によって滅ぼされたツフル人の王から作り出された人工生命体『ベビー』によって支配されてしまっていた。

悟飯や悟天、ベジータすらも支配するベビーには、スーパーサイヤ人3になった悟空でも叶わなかった。

悟空はパワーアップのために無くなってしまった尻尾を再び生やし、ベビーとの再戦を開始する。その途中、地球を見たことにより悟空はなんと大猿化してしまう。

暴走した悟空を止めようとするパン。彼女の涙が悟空をスーパーサイヤ人4へと覚醒させるのだった。

ドラゴンボールGT(41話~47話)~究極の人造人間編~

再び平和が戻った地球。一方地獄では、人造人間を作り出した地球の天才科学者『ドクター・ゲロ』とベビーを作り出した宇宙の天才科学者『ドクター・ミュー』が、悟空に復習するため手を組み『ヘルファイター17号』を作り出していた。

ヘルファイター17号とこの世の17号の共鳴により、あの世(地獄)とこの世(現世)が繋がり、かつて悟空たちに倒された強敵たちが復活してしまう。さらに、2人の17号は合体し、究極の人造人間『超17号』が誕生。エネルギーを吸収して強くなっていく能力を持つ超17号には超サイヤ人4の悟空でさえ敵わない。

果たして、悟空は超17号を倒すことができるのだろうか。

ドラゴンボールGT(48話~64話)~七匹の邪悪龍篇~

17号との戦いの後、地球をもとに戻すためドラゴンボールを集める悟空たち。

しかし、集めたドラゴンボールには何故かヒビが入っていた。不安に感じつつも、神龍を呼び出そうとする悟空たちの前に現れたのは、邪悪な黒煙の龍だった。

黒煙の龍は、願いを叶えてくれと言う悟空たちを無視。七匹の邪悪龍に分裂して世界中へ散らばっていった。

ドラゴンボールの使いすぎによって蓄積されたマイナスエネルギーで誕生した邪悪龍は、その力を使って全世界を滅ぼそうとする。

様々な弱点を見つけて邪悪龍たちを倒していく悟空たちだったが、6つのドラゴンボールを取り込み最強の力を手に入れた邪悪龍『超一神龍』には、超サイヤ人4になった悟空とベジータが力を合わせても敵わなかった。

残された手段は唯一つ。超サイヤ人4によるフュージョンだけなのだが・・・。

ドラゴンボール改

ドラゴンボールZのデジタルリマスター再編集版。音楽や音声が全て再録され、キャスト陣にも大幅に変更されている。

また、原作に近いスピーディーな展開となっており、Zの数話分を1話でまとめていたりする。

サイヤ人編(1話~16話)

フリーザ編(17話~54話)

人造人間・セル編(55話~97話)

魔人ブウ編(99話~159話)

ドラゴンボール超(1話~18話)~破壊神ビルス編

魔人ブウとの壮絶な戦いから4年後、地球に新たな危機が訪れようとしていた。

創造神である界王神と対をなす全宇宙のバランスを保つ存在『破壊神ビルス』が目を覚ましたのだ。

彼の目的は、予知夢で見た”自身の力に並びうる可能性を秘めた最強の敵『超サイヤ人ゴッド』”と戦うことだった。

ドラゴンボール超(19話~27話)~フリーザ復活篇~

悟空と破壊神ビルスの激闘から少し経った頃、フリーザ軍の残党がドラゴンボールで『フリーザ』を復活させるため、地球へとやって来る。

部下の手により見事復活したフリーザは、悟空への復習を計画し、生まれて初めての過酷なトレーニングを開始。尋常ならざる力を手に入れ、1,000人の部下と共に再び地球へと襲来する。

超サイヤ人ゴッド超サイヤ人になった悟空と神の次元の力を手に入れたフリーザの激闘が始まる。

ドラゴンボール超(28話~46話)~破壊神シャンパ編~

ビルスが住む第7宇宙の星では、悟空とベジータがウィスに修行を付けてもらっていた。

そこに現れたのはビルスの双子の兄弟で第6宇宙の破壊神シャンパと彼のお目付け役ヴァドス。シャンパは、ビルスに地球の食べ物の美味しさを教えられるも、第6宇宙の地球が滅んでいることを知る。

地球が欲しくなったシャンパは、自身が集めた『超ドラゴンボール』6個と第7宇宙の地球を賭けて、格闘試合を提案。ビルスもそれを了承する。

地球とドラゴンボールを賭けた第6宇宙と第7宇宙の戦いが開始される。

ドラゴンボール超(47話~76話)~”未来”トランクス編~

ある日、悟空たちと共に人造人間やセルと戦った『”未来”のトランクス』が傷だらけの状態でタイムマシンに乗って現れる。

青年トランクスは、平和になった未来の世界で悟空と瓜二つの『ゴクウブラック』と名乗る戦死が虐殺を繰り返し、それに抵抗するために戦っていることを告げる。

悟空たち、そして未来のトランクスの時空を超えた戦いが始まる。

ドラゴンボール超(77話~131話)~宇宙サバイバル編~

『全王』。宇宙の神々の頂点に君臨するドラゴンボール界の最高神。

悟空は、以前全王が提案していた全宇宙の代表者たちによる武道大会の催促がいつ開催されるのか催促に訪れていた。

全王はそれに応えて『力の大会』の開催が決定する。しかし、その大会は敗北した宇宙は即消滅という非常に過酷なものであった。

第1から第12まで、それぞれの宇宙の存亡を賭けた史上最大の武道会の幕が開ける。

映画『ドラゴンボール』について

原作・アニメの人気の高さから、今までたくさんの映画が制作されています。

1986年に制作された第1作『ドラゴンボール 神龍の伝説』から2018年に公開された『ドラゴンボール超 ブロリー』まで全20作が公開されました。

特徴としては、第1作目から第17作目まで原作者の鳥山先生は「手直し程度、殆どは一鑑賞者として楽しんだ」と語っているのに対し、第18作目から第20作目については脚本の段階から深く関わっていることですね。

第1作目『ドラゴンボール 神龍の伝説』1986年12月20日公開

第2作目『ドラゴンボール 魔神城のねむり姫』1987年7月18日公開

第3作目『ドラゴンボール 摩訶不思議大冒険』1988年7月9日公開

第4作目『ドラゴンボールZ』1989年7月15日公開

第5作目『ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ』1990年3月10日公開

第6作目『ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦』1990年7月7日公開

第7作目『ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空』1991年3月9日公開

第8作目『ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強』1991年7月20日公開

第9作目『ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦死たち』1992年3月7日公開

第10作目『ドラゴンボールZ 極限バトル!!三大超サイヤ人』1992年7月11日公開

第11作目『ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・列戦・超激戦』1993年3月6日公開

第12作目『ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴』1993年7月10日公開

第13作目『ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない』1994年3月12日公開

第14作目『ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ』1994年7月9日公開

第15作目『ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ』1995年3月4日公開

第16作目『ドラゴンボールZ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる』1995年7月15日公開

第17作目『ドラゴンボール 最強への道』1996年3月2日公開

第18作目『ドラゴンボールZ 神と神』2013年3月30日公開

第19作目『ドラゴンボールZ 復活の「F』』2015年4月18日公開

第20作目『ドラゴンボール超 ブロリー』2018年12月14日公開

アニメ・映画ドラゴンボールを配信しているサービス

アニメ版各エピソード、映画について紹介したところで、動画配信サービスの比較をおこなっていきます。

U-NEXT

無印、Z、GT、改、超、劇場版、ほぼ全ての作品が見放題なのは現状U-NEXTだけです。

業界最高クラスの動画配信本数、家族みんなで利用できる同時視聴最大4台、雑誌読み放題、毎月配布される1,200円分のポイントで最新作の視聴も可能。などなど、サービスの質も文句なし。

ドラゴンボールの動画を楽しみたいなら大本命のサービスです。

月額料金が他と比べてちょっと高めですが、1,200円分のポイントは有料動画の視聴以外にも、電子書籍の購入や映画のチケットとの交換にも使えるので、コスパはかなり良いです。

31日間の無料トライアルでも600ポイントがプレゼントされるので、これを利用すれば無料期間中に全てのドラゴンボール作品を視聴することも可能ですよ。

月額料金 1,990円(税抜)
総動画本数 15万本以上
見放題動画本数 90,000本以上
ドラゴンボールの動画ラインナップ ドラゴンボール/Z/GT/改/超/劇場版(一部有料)
視聴可能デバイス PC・スマホ・タブレット・テレビ・ゲーム機など
同時視聴 最大4台
ダウンロード視聴 可能(オフライン視聴可)
最高画質 4K HDR
キャンペーン 31日間無料トライアル

FODプレミアム

ドラゴンボールはフジテレビで放送されていたので、FODではほぼ全てのドラゴンボールの作品が配信されています。ですが、ドラゴンボール改が有料だったり、ほぼ全ての劇場版作品が有料だったりと、見放題ではない作品も多いです。

「劇場版は見なくてもいい、改もZの再編集だから大丈夫」という人ならいいかもしれませんが、全ての作品を見る予定ならU-NEXTがおすすめです。

ドラゴンボール以外のフジテレビ関連作品が見たいという理由でFODを選ぶのもありですね。

月額料金 888円(税抜)
総動画本数 2万本以上
見放題動画本数 不明
ドラゴンボールの動画ラインナップ ドラゴンボール/Z/GT/改/超/劇場版

※改/劇場版は有料

視聴可能デバイス PC・スマホ・タブレット
同時視聴 最大5台(端末登録制限5台)
ダウンロード視聴 不可
最高画質 HD
キャンペーン 初回1ヶ月無料(Amazon Payで登録)

Amzonプライムビデオ

数ある動画配信サービスの中で、月額料金の安さがトップクラスという特徴を持っているAmazonプライムビデオ。年間プランなら月額税込408円です。めっちゃ安い。

安さに対して配信内容は?というと、結構いいと思います。最新の作品やAmazonプライムオリジナル作品など、楽しめるコンテンツが充実しています。

肝心のドラゴンボールはZ/超/劇場版が配信されていて、見放題なのはZと超のみです。

アニメシリーズのメインはZと超なので、抑えるところは抑えてある印象ですね。やや物足りない感はありますが、安く済ませるならいいかもしれません。無料体験期間もあるので、うまく活用してください。

月額料金 年間プラン4,900円(税込)、月間プラン500円(税込)
総動画本数 80,000作品以上
見放題動画本数 10,000作品以上
ドラゴンボールの動画ラインナップ ドラゴンボールZ/超/劇場版(有料)
視聴可能デバイス PC・スマホ・タブレット・TV・ゲーム機
同時視聴 3台
ダウンロード視聴 可能(オフライン視聴可)
最高画質 HDR(4K)
キャンペーン Amazonプライム無料体験(30日間)

dアニメストア

配信されているのはアニメとその関連コンテンツのみ。まさに、アニメ好きのための動画配信サービス『dアニメストア』。

月額料金もワンコイン以下なので、かなりコスパもいいです。

ドラゴンボールの配信はドラゴンボール/Z/超とテレビシリーズはしっかり網羅されています。劇場版の配信がないのはちょっと残念ですが、十分に楽しめるでしょう。

ドラゴンボール以外のアニメ以外も楽しみたいという人にもおすすめですね。

月額料金 400円(税抜)
総動画本数 2,900作品以上
見放題動画本数 全て(一部レンタル作品は有料)
ドラゴンボールの動画ラインナップ ドラゴンボール/Z/超
視聴可能デバイス テレビ・PC・スマホ・タブレット
同時視聴 不可
ダウンロード視聴 可能(オフライン視聴可)
最高画質 HD
キャンペーン 31日間無料お試し

Netflix

動画配信サービスと言えばNetflixを思い浮かべる人も多いでしょう。

人気の高いオリジナルコンテンを配信しているのも特徴です。

ドラゴンボールの配信内容はドラゴンボール/Z/超/劇場版。テレビシリーズのドラゴンボールGT/改と劇場版最新作の『ドラゴンボール超 ブロリー』以外は配信されています。

スマホの小さい画面で見るなら、1番安いベーシックプランでも十分楽しめるので、料金の安さを求めつつ、ドラゴンボールをしっかり楽しみたいという人も十分満足いただけるでしょう。

額料金 ベーシック800円(税抜)、スタンダード1,200円(税抜)、プレミアム1,800円(税抜)
総動画本数 非公開
見放題動画本数 すべて
ドラゴンボールの動画ラインナップ ドラゴンボール/Z/超/劇場版
視聴可能デバイス PC・スマホ・タブレット・TV
同時視聴 最大4台(ベーシックは不可)
ダウンロード視聴 可能(オフライン視聴不可)
最高画質 4K(スタンダードはHD、ベーシックはSD)
キャンペーン 1ヶ月無料体験

アニメ・劇場版『ドラゴンボール』を見るのにおすすめの動画配信サービスは?

5つの動画配信サービスを紹介してきましたが、一体どれがおすすめなのか?

まずは紹介したサービスの配信内容を表にしてみました。

※2019年9月現在の配信状況です。内容が変更になることもあります。

U-NEXT FOD Amazon dアニメ Netflix
月額料金 税抜1,990円 税抜888円 4,900円(年間)

500円(月間)

税抜400円 税抜800円~
元祖
Z
GT
劇場版

表にすると自分がみたい作品がどのサービスで配信されているのかわかると思います。

さらにここから目的別でおすすめの配信サービスを3つに絞って紹介します。

とにかくドラゴンボールを楽しみたいなら『U-NEXT』!

最大限にドラゴンボールを楽しみたいなら迷わずU-NEXTを選びましょう。

やや月額料金は高めですが、色々な使い道がある1,200円分のポイントが毎月配布されるので、コスパは決して悪くありません。

注目すべきなのは、他のサービスでは有料または配信されてないドラゴンボール改が見放題なのはU-NEXTだけということ。「ドラゴンボールZの引き伸ばし感はちょっと見てられない・・・」なんて人は迷わずU-NEXTを選びましょう。

31日間の無料トライアルも用意されているので、これをうまく利用すれば、無料でドラゴンボール全作品が見られちゃいますよ。

アニメも劇場版も、ドラゴンボール以外の動画も楽しめるU-NEXTは非常におすすめです。



テレビアニメだけでいいなら『FOD』

劇場版をいくつか、あとはテレビアニメ版が見られればいいという人はFODがおすすめです。

ほぼ全ての作品が配信されている他、改以外は見放題で配信されていますし、なによりGTが配信されているのはFODとU-NEXTだけ。ドラゴンボールのアニメをしっかり楽しんで、劇場版もちょっとだけ、と言う人はピッタリのサービスです。

月額料金も1,000円以下、さらにフジテレビに特化したコンテンツはフジテレビ好きにはたまりませんね。



ドラゴンボールの正史&劇場版を楽しむなら『Netflix』

ドラゴンボールGTって実はドラゴンボールの正統続編ではないんです。原作者の鳥山先生が「GTはサイドストーリー」と言っている通り正統続編はドラゴンボール超。

つまり、無印、Z、超、を配信しているNetflixではドラゴンボールの正史がちゃんと楽しめるということです。劇場版も最新のもの以外は全て揃っているので、間違いなく満足できるでしょう。。

ただし、プランによって料金に差が出てきます。1番上のプランを選ぶなら、もう少し出して全てのドラゴンボール作品が見られるU-NEXTをおすすめします。

どんな楽しみ方をするかはあなた次第!

アニメ・映画『ドラゴンボール』を見るならここ!ということで動画配信サービスを紹介してきました。

みなさんの楽しみ方次第だと思いますが、全てのサービスで無料お試し期間が設けられているので、迷ったら試しに使ってみましょう。気に入らなければ退会するだけでオッケーです。

うまくやれば無料でドラゴンボールを楽しむこともできちゃいます。

自分なりの楽しみ方を見つけてください!

動画サービスカテゴリの最新記事