はてなブログからWordPressに引っ越しする手順を紹介します

はてなブログからWordPressに引っ越しする手順を紹介します

先日はてなブログからWordPressへの引っ越しを行いました。

今回はその時の方法と、実際に引っ越ししして良かったところや悪かったところなどを紹介していきます。

WordPressに引っ越しした理由

はてなブログからWordPressに引っ越しした理由は3つ。

・WordPressのほうが検索順位の上位に表示されやすい

これはブログ関連の本や、ブログやサイトを運営している人、Googleの発表など、様々なところで言われていますよね。単純に上位に表示されるならそのほうがいいですよね。

・WordPressのデザインや機能性

もう一つWordPressで運営しているサイトがあるのですが、そちらを運営している内にはてなブログよりもWordPressのほうがデザインや機能性において優れていると感じました。

ただ、拡張性や自由度が高くなった分、自分自身でやらなければいけないことや要求される知識も増えたので、メリットでありデメリットだと思います。

・運営費の削減

前述の通り、このブログとは別にWordPressで運営しているサイトがあり、はてなブログProとWordPressでそれぞれ運営費がかかっていました。もったいないし、いずれ引っ越しする気ではいたので、ならばさっさとやったほうがいいね、ということでお引越ししました。

引っ越しの手順全公開

それでは引っ越しの手順を全部公開していこうと思います。参考にしていただきたいのですが、運営環境によって違いが出てくると思うので、その辺は臨機応変にお願いします。私の運営環境は以下の通りです。

・はてなブログを独自ドメイン(お名前.comでドメイン取得)で運営している

・WordPressをエックスサーバーのサーバーを使って運営している

※私が引っ越しした際の手順の紹介です。もしうまくいかなくても一切の責任はとれませんので、引っ越しは自己責任でお願いします。また、引っ越しするに辺り、バックアップは必ず取るようにしてください。

スポンサーリンク

はてなブログでバックアップを取る

まずは、引っ越ししたいはてなブログでバックアップを取ります。

はてなブログのダッシュボードから設定→詳細設定→エクスポートの項目の「記事のバックアップと製本サービス」を選択してください。

画面が切り替わったら、バックアップデータのエクスポートを行います。

画像では【エクスポートしなおす】になっていますが、初めての場合【エクスポートする】になっていると思うので、そちらを選択して、エクスポートを行ってください。

エクスポートが終わったら、隣にあるダウンロードを選択して、データをダウンロードしてください。

ダウンロードデータは.txtの形式で、ご自身のPCに保存されるので、後で呼び出せるように保存された場所がわかるようにしておいてください。

これではてなブログのバックアップは完了です。

ひとつ注意点があります。はてなブログの一番大きな見出しタグは「h3」、WordPressは「h2」からです。もちろんh2タグのほうがSEO的に有利なので、先にテキストファイルを開いて「h3→h2」「h4→h3」のように編集していただいてもかまいません。

私は移行後に全記事リンク切れがないか、記事がおかしくなっていないかの確認を行う予定だったので、ここではタグの編集は行いませんでした。各々やりやすいようにやってください。

ワードプレスのインストール

次にワードプレスのインストールを行います。サーバーの契約を行っていない人はまずはサーバーの契約をしてきてくださいね。

また、はてなブログを独自ドメインで運用していることを前提に話を進めていくので、まだ独自ドメインを取得していない人はドメインの取得もしてください。

ワードプレスのドメイン設定

サーバーにワードプレスをインストールする前に、ドメインの設定を行う必要があります。

最初にエックスサーバーにログインして、サーバーパネルを開き、【ドメイン設定】を選択します。

ドメイン設定の追加を選択して、空欄にはてなブログで運用していたドメインを入力してください。【無料独自SSLを利用する】にチェックが入っていればチェックを”外して下さい”。サイトのSSL化をしたい人はチェックを入れたいと思いますが、まだネームサーバーの設定を行っていないので、後でSSL化の設定を行う必要があります。

※無料独自SSLはサイトをhttp://よりも安全性の高いhttps://で運用するための設定です。

確認画面に切り替わるので、入力項目に間違いがないかなど確認して、【ドメインの設定追加(確定)】を選択してください。【ドメイン設定の一覧】に入力したドメインが加わっていれば、ドメインの設定は完了です。

ワードプレスをインストール

ドメインの設定が終わったらいよいよワードプレスをサーバーにインストールします。と言っても、特別難しいことをするわけではないので、身構えなくても大丈夫です。

はじめに、サーバーパネル左下にある【設定対象ドメイン】を、先程設定したドメインに変更して【設定する】を選択します。

きちんと設定出来ていれば、右上の【現在の設定対象ドメイン】に選択したドメインが表示されているので確認してください。

次に【WordPress簡単インストール】を選択します。

インストールに必要な情報を入力する画面が表示されるので、表示に従って必要項目の入力を行ってください。インストールURLの項目は特に入力しなくても大丈夫です。データベースの項目は【自動でデータベースを生成する】を選択してください。

入力が終わったら【インストール(確認)】を選択してください。画面が切り替わるので、各項目の入力が間違っていないか確認して、問題なければ【インストール(確定)】を選択して下さい。

インストールが始まり、終了すると以下のような画面が表示されます。確認メールも届くと思いますが、サイトを編集するのに必要な情報なので、忘れないようにメモやスクリーンショットなどを使って忘れずに保存してください。

これでWordPressのインストールは完了です。しかし、まだサイトへのアクセスはできません。アクセスにはドメイン側の設定を行う必要があります。

ドメインの設定

はてなブログのバックアップ、ワードプレスのインストールの次はドメインの設定です。これが終わればWordPressのサイトにアクセスできるようになります。同時に、独自ドメインを使ったURLではてなブログにアクセスすることができなくなります。完全に移行できるまで数時間かかる場合もあるので、なるべくアクセスの少ない時間帯に作業を行うことをおすすめします。

やり方はドメイン業者によって違うと思いますが、使用するドメインのネームサーバーの設定を変更するだけです。

お名前.comならマイページにログインして【ドメイン】→設定変更したいドメインのネームサーバーを選択→「2.ネームサーバー選択」で【その他】を選択して必要情報を入力して【確認】を選択 、後は画面の通りにやっていただければ大丈夫です。

青で囲っている部分は空欄、ネームサーバー3までした表示されていないと思うので、「+」のマークを押してネームサーバー5まで表示させて、以下の情報をそれぞれ入力してください。

ns1.xserver.jp

ns2.xserver.jp

ns3.xserver.jp

ns4.xserver.jp

ns5.xserver.jp

これでネームサ―バーの設定は完了です。次にCNAMEの操作を行います。

マイページから【DNS】→【ドメインのDNS関連機能設定】→ドメインを選んで【次へ進む】を選択→「DNSレコード設定を利用する」の【設定する】を選択し、下の方にスクロールすると【登録済み】のところに「hatenablog.com]が付いたレコードがあるので、これを削除してください。

これでドメイン設定は終了です。ある程度時間はかかりますが、正常に終了していれば「http://ドメイン名/wp-admin/」からワードプレスのログイン画面にアクセスできるようになっています。

ワードプレスに記事をインポート

順調に言っていればワードプレスにアクセスできるようになっているので、次はいよいよはてなブログの記事をワードプレスへインポートします。

パーマリンクの設定

記事をインポートする前に、パーマリンクの設定を行いましょう。これをやっておかないと、URLが全て変わってしまいます。

ワードプレスのダッシュボードから【設定】→【パーマリンク設定】と進んで下さい。下の画面が表示されるので、カスタム構造のチェックを入れ「/entry/%postname%/」と入力してください。

これで”カスタムURLを使って投稿していた人は”以前のURLのまま記事をインポートすることができます。

・標準のフォーマット 例:/entry/2011/11/07/161845

・記事のタイトルがURL 例:/entry/2011/11/07/週末は川に行きました

・はてなダイアリー風 例:/entry/20111107/1320650325

この3つのURLでブログを書いていた人は残念ですが、一つ一つ手作業でパーマリンクを設定し直してください。

というのも、ワードプレスの仕様だと上記3つのURLの「/」が消えてしまうのです。カスタムURLを使っていた人は昔の自分に感謝し、してなかった人は昔の自分を呪いながら一つ一つ修正していってください。

また、「/」を使えない仕様なので「Enhanced Custom Permalinks」というプラグインを使って修正する必要があるようです。その他、上記3つのURLでもそのまま使う方法もあるみたいなので、各自で調べてみてください。ワードプレスは自己責任です。

とにかくインポートの前にパーマリンクの設定を忘れずに行ってください。

記事のインポート

さていよいよ記事のインポートです。ダッシュボードの【ツール】→【インポート】の順で選択すると下の画面が表示されます。「Mavable TypeとTypePad」の【インポーターの実行】を選択してください。

画面が切り替わるので、【ファイル選択】からはてなブログでバックアップしたファイルを指定して【ファイルをアップロードしてインポート】を選択します。

投稿者の割り当てを聞かれると思うので、任意のものを選択してください。私はWordPressの管理アカウントを選択しましたが、不正ログイン防止のため、設定で表示させないようにしています。

インポートの画面に進み、記事タイトルがズラーッと表示され「完了しました」と表示されたら、作業は完了です。

これで一旦引っ越しは終了となります。

この後は各自で、アイキャッチの画像を再設定したり、パーマリンクを設定し直したり、記事のリンクの修正、ワードプレスのカスタマイズなどを行ってください。

SSL化の設定(http→httpsへの変更)

今からブログを始める人や、ブログを運営する人にとって検索順位を上げるためにサイトのSSL化は必須事項です。

特に難しくないので、さっさとやってしまいましょう。一つ注意点がありました、こちらも設定が正常に反映されるまで時間がかかります。一時ワードプレスへアクセスできなくなるので、それを考慮した上で作業してください。

また、復旧できなくなっても一切の責任は取れませんので、作業の前にかならずバックアップを取るようにしてください。

エックスサーバーのサーバーパネルを開き、ドメインの項目の【SSL設定】を選択します。「ドメイン選択画面」に移動するので、SSL化したいドメインを選択します。

「SSL設定」へ進むので、独自SSL設定の追加のタブを選択して、サイトを確認、CSR情報にはチェックを入れず【独自SSL設定を追加する(確定)】を選択してください。

画面が切り替わります。その後「独自SSL設定を追加しました」と表示されるので、それから1時間くらいは設定反映まで時間がかかります。

設定が反映されると「SSL設定の一覧」にある「SSL用アドレス」からアクセスできるようになるので、つながればサーバー側の設定は完了です。つながらない場合は「この接続ではプライバシーが保護されません」と言ったエラー画面が表示されるので、気長に待ちましょう。いくら待ってもダメな場合はクッキーの削除や、ブラウザの変更などを試してみてください。

SSLの設定が反映され、サイトにアクセスできるようになったら、WordPressの設定も変更します。

ダッシュボードの【設定】→【一般】と選択して、WordPressアドレス(URL)とサイトアドレス(URL)を「http://~」→「https://~」に変更します。

これを

こう

これでSSL化は完了です。SSL化に伴って、リンク切れなども発生するので、そちらは各自対応してください。私は引っ越しの時にSSL化までやったので、その後の記事チェックのときに色々変更しました。

まとめ

これではてなブログからワードプレスへの引っ越しは完了です。

引っ越しは、設定反映が完了するまで待ってる時間が長かったり、その間うまくいくのか心配だったりと、心に負担はかかりますが、実際そこまで大変ではありません。

問題はその後の修正作業などです。私はPV取れてる記事だけ早々に修正して、後はダラダラやっております。300記事以上あるので気が遠くなりそうです。

みなさんもサイトの引っ越しは色々大変かと思いますが、頭をフル回転させて乗り切ってください。

 

ブログ運営カテゴリの最新記事