仮面ライダー555(ファイズ)を見るならここ!無料で見る方法とおすすめの動画配信サービス

仮面ライダー555(ファイズ)を見るならここ!無料で見る方法とおすすめの動画配信サービス

平成仮面ライダー第4作目として制作された仮面ライダー555(ファイズ)。

キャッチコピーは「疾走する本能」。2003年1月26日から2004年1月18日まで全50話が放送されました。

今回は『仮面ライダー555(ファイズ)を見るならここ!無料で見る方法とおすすめの動画配信サービス』と題して、仮面ライダー555(ファイズ)の基本的な情報やお得に見る方法、おすすめの動画配信サービスなどを紹介していきます。

仮面ライダー555(ファイズ)を配信している動画配信サービス

2019年10月1日現在、仮面ライダー555(ファイズ)を見放題配信しているサービスは3つ。

3つの動画配信サービスには配信内容やサービス内容に違いや特徴があります。一つずつ紹介するので、自分にあったサービスを見つけてください。

1つ注意点ですが、比較的最近の仮面ライダーの動画は基本的に動画配信されていません。そちらの視聴を考えている人は後で紹介する『TSUTAYAディスカス』を利用してみてください。

“動画配信されていない仮面ライダー作品”

・仮面ライダーゼロワン

・仮面ライダージオウ

・仮面ライダービルド

・仮面ライダーエグゼイド

hulu

仮面ライダー関連の動画を楽しみたいなら、大本命は『hulu』。

昭和から平成ライダーまでのTVシリーズはもちろん、劇場版やテレビスペシャルなど、仮面ライダー関連のコンテンツ量ならナンバーワンと言っていいでしょう。

海外ドラマの最速配信や日テレ系のドラマ・バラエティなどのコンテンツも充実しています。

配信している動画が全て見放題なので「これ有料なのか・・・」とならないのも嬉しいポイントですね。

月額料金 933円(税抜)
総動画本数 50,000本
見放題動画本数 すべて
『平成仮面ライダー』の動画ラインナップ ゴーストまで
視聴可能デバイス PC・スマホ・タブレット・TV・ゲーム機
同時視聴 不可
ダウンロード視聴 可能(オフライン視聴可)
最高画質 HD画質
キャンペーン 2週間無料

dTV

日本の動画配信サービスのシェアNo.1なのが『dTV』。

配信している総動画本数はなんと12万本以上。しかも月額は税抜500円。コスパNo.1のサービスと言っていいかもしれません。

平成仮面ライダーのTVシリーズ、映画など基本的なものは揃っていますが、huluやAmazonプライムと比べるとやや物足りない印象です。

平成ライダーのTVシリーズだけ見られればいい人は問題なく楽しめるでしょう。

月額料金 500円(税抜)
総動画本数 12万本以上
見放題動画本数 すべて(一部有料)
『平成仮面ライダー』の動画ラインナップ ゴーストまで
視聴可能デバイス PC・スマホ・タブレット・TV
同時視聴 不可
ダウンロード視聴 可能(オフライン視聴▲※最初にオンラインでライセンス認証が必要)
最高画質 HD(一部4K)
キャンペーン 31日間無料お試し

Amazonプライムビデオ

通販で有名なAmazonの有料会員【プライム会員】には様々な特典が用意されています。その中の一つがこのAmazonプライムビデオ。

おまけと言えど決して侮れません。豊富な動画ラインナップとオリジナルコンテンツで、「あれ?なんのために会員になってたんだっけ?動画を見るため?」なんて錯覚してしまうくらい充実しています。

仮面ライダーシリーズの動画配信ラインナップに関しては、『huluの次、劇場版の取り扱い数でdTVよりもやや上』といった感じです。

年間プランだと動画配信サービスの中では1番の料金の安さになるということも注目ですね。

最後に言っておきますが、あくまで特典の一つ。気になる人は是非無料お試し期間を利用してみてください。

月額料金 年間プラン4,900円(税込) 月間プラン500円(税込)
総動画本数 70,000本以上
見放題動画本数 9,000作品以上
『平成仮面ライダー』の動画ラインナップ ゴーストまで
視聴可能デバイス テレビ・PC・スマホ・タブレット・ゲーム機
同時視聴 3台
ダウンロード視聴 可(オフライン視聴可)
最高画質 HDR(4K)
キャンペーン Amazonプライム無料体験(30日間)

 

おすすめの動画配信サービスは?

3つのサービスを紹介しましたが、結局どればおすすめなのか?

ズバリ、1番のおすすめは『hulu』です。まずは下の配信作品一覧表を見てください。

hulu dTV Amazonプライム TSUTAYAディスカス
クウガ
アギト
龍騎
555(ファイズ)
剣(ブレイド)
響鬼
カブト
電王
キバ
ディケイド
W(ダブル)
オーズ
フォーゼ
ウィザード
鎧武(ガイム)
ドライブ
ゴースト
エグゼイド
ビルド
ジオウ
ゼロワン  ☓
劇場版
昭和ライダー

平成ライダーのテレビシリーズに関してはどのサービスも変わらないのですが、劇場版、あとは昭和ライダーに関してはhuluが圧倒的に優れています。

ということで1番のおすすめは『hulu』です。

ただ、「平成ライダーしか見ない!」という人なら月額料金の安い残り2つから好きな方でいいと思います。

仮面ライダーの内容重視なら『Amazonプライムビデオ』。

TVシリーズだけで十分、一応他の動画も楽しみたいなら『dTV』がおすすめです。



仮面ライダーの動画が1番楽しめるのは『TSUTAYAディスカス』

実は1番仮面ライダーの動画を楽しむことができるのは、宅配レンタルが仕える『TSUTAYAディスカス』なんです。

たしかに動画配信サービスはいつでもどこでも楽しむことができるというメリットがあります。ただし、動画のラインナップに関してはまだまだレンタルには勝てません。その証拠に、配信作品一覧のところで、最も多くの作品を取り扱っていたのはTSUTAYAディスカスでした。

『ネットで注文、宅配便で家に届き、返却はポストへ』

たしかに動画配信サービスと違いやや不便ではありますが、直接お店にレンタルしに行くよりは便利ですよね。

最近の仮面ライダーシリーズも楽しみたいという人は『TSTAYAディスカス』も検討してみてください。

”TSUTAYAディスカスの詳細”

・【ネットで注文→自宅に配達→ポストに返却!】お店に行く必要なし!

・豊富な作品数!TSTAYAで取り扱っている作品全てが見られる!

・送料、延滞料0円

プラン内容

・定額レンタル4→月額税抜933円、新旧問わず好きな作品が月最大4枚までレンタル可能

・定額レンタル8→月額税抜1,865円、新旧問わず好きな作品が月最大8枚までレンタル可能。9枚目以降旧作は借り放題

・定額レンタル16→月額税抜3,670円、新旧問わず好きな作品が月最大16枚までレンタル可能。17枚目以降旧作は借り放題

・定額レンタル24→月額税抜5423円、新旧問わず好きな作品が月最大24枚までレンタル可能、25枚目以降旧作は借り放題

「ちょっと気になる!」という方は『TSUTAYA TV(動画見放題)+TSUTAYAディスカス(定額レンタル8)』を30日間無料で試せる、無料お試しキャンペーンを開催してるのでぜひそちらをご利用ください。

お試し後に、動画見放題の『TSUTAYA TV』だけの利用、定額レンタルの『TSUTAYAディスカス』だけの利用も選択可能ですし、解約もOK!

特に「最近の仮面ライダーを見たい!」という人はおすすめですよ!

仮面ライダー555(ファイズ)を無料で見る方法は無料お試し期間を利用する!

最後に仮面ライダー555(ファイズ)を無料で見る方法を紹介します。

方法は非常に簡単!【各動画配信サービスの無料お試し期間を利用する】です。

 

今回紹介したサービスには、それぞれ無料で試せる期間があります。その期間中に全て見て、解約してしまえば料金はかかりません。

ただ、全ての平成ライダーを見終わることはできないと思うので、各サービスをハシゴして賢く利用すれば、なるべく費用を抑えることは可能です。

面倒臭い人は、それぞれのサービスを利用してみて、気に入ったものを使い続けるという方法もありますね。

なるべく費用を抑えるために使うか、自分にあったサービスを見つけるために使うか、無料お試し期間をうまく利用して、お得に動画配信サービスを利用してください。

仮面ライダー555(ファイズ)ってどんな物語?

九州でバイクの一人旅をしていた青年乾巧は、盗まれたバッグによく似たバッグを持つ少女、園田真理に出逢う。接触しようとした時、二人は謎の怪人「オルフェノク」に襲われる。真理は持っていたベルトを装着して超戦士ファイズに変身しようとするが失敗し、無理やり巧にベルトを着け、彼をファイズに変身させる。それにより窮地を脱した二人だったが、どうやらオルフェノクたちは、そのベルトを狙って真理を襲ったらしい。その後二人はクリーニング屋の菊池啓太郎と出逢う。事情を知った啓太郎の勧めにより、東京にある彼の家で、3人で共同生活を始めることに。だが彼らの周囲には常にオルフェノクの影がつきまとう。仲間たちを守るため、巧はファイズに変身し、数々の強敵と戦いを繰り広げる。

株式会社石森プロ|仮面ライダー555(ファイズ)

本作の仮面ライダーは素質さえあれば誰でも変身することができ、主人公の敵となる怪人『オルフェノク』は元人間です。

そのため、仮面ライダーに変身する者が必ずしも”正義”とは限らないですし、怪人の中にも正しい心を持った者も登場します。

「正義とはなんなのか?」メインターゲットを子どもたちとしつつも、重くシリアスな物語が展開されるのも仮面ライダー555(ファイズ)の特徴です。

仮面ライダー555に登場するのはどんな仮面ライダー?

仮面ライダー555には、劇場版を含めると6タイプの仮面ライダーが登場します。

仮面ライダーに変身するためのアイテム『ライダーズギア』は、巨大企業・スマートブレイン社によって開発されており、ドライバーと呼ばれるベルト状の装置を装着し、専用フォン(ガラケー)に変身コードを入力することで変身可能。

”素質を持つものなら誰でも変身できる”という特性上、メインとなる使用者はいるものの、複数の人間がファイズに変身したり、主人公と敵対する者がファイズに変身して主人公を攻撃するなど、今までの仮面ライダーにはなかったことが起こったりします。

仮面ライダー555(ファイズ)

キリシア文字の『Φ(ファイ)』を模したデザインの本作の主役ライダー。主な変身者は主人公の『乾巧』。

ファイズフォンに「555」を入力し、ベルトにセットすることで変身する。

安定性を重視した設計のため、他のライダーよりも出力が低く設定されているが、その分拡張性に優れ、専用の強化ツールを使うことで唯一フォームチェンジが可能。

素質があっても、ギアに適合出来なければ安全装置が作動し、変身することができない。

【アクセルフォーム】

腕時計型のツール『ファイズアクセル』を使用して変身するファイズの超高速形態。

10秒間だけあらゆる動作を通常の1,000倍の速度で行うことが可能になる。

【ブラスターフォーム】

大剣や大型銃に変形するトランク型ツール『ファイズブラスター』を使用して変身するファイズの最強フォーム。全身から並のオルフェノクなら触れるだけで灰化・消滅するほどのエネルギーを放出している。

アクセルフォームがスピード特化なのに対し、ブラスターフォームは火力に特化して強化が施されており、空中を飛んだり、エネルギー光弾を発射したりと、圧倒的な火力、戦闘力を誇っている。

仮面ライダーカイザ

ギリシア文字『Χ(カイ)』を模したデザインの仮面ライダー。作中では2番目に登場するライダーで、主な変身者は『草加雅人』。

カイザフォンに「913」を入力し、ベルトにセットすることで変身する。

安定性を重視したファイズに対して、カイザはパワー重視の設計。ライダーたちの活動源であるフォトンブラッドもファイズのものよりも高出力で、安定供給を図るため、2本線のダブルストリームを採用している。

ファイズと違い安全装置が付いていないため、素質を持つものなら誰でも変身することができるが、不適合の場合は変身終了後に灰化して死んでしまう。

仮面ライダーデルタ

ギリシア文字の『Δ(デルタ)』を模したデザインの仮面ライダー。主な変身者は『三原修二』。

テンキーが存在しない無線機のような『デルタフォン』に「変身」と音声入力を行い、デルタドライバーにセットすることで変身する。

1番最初に開発されたライダーシステムで、パワー重視のカイザよりも更に高出力でパワーは上、そのかわり拡張性は低く、装備が少ない。

装着者の闘争本能を引き上げる『デモンズ・スレート』という機能が搭載されており、並の精神力ではその副作用で凶暴な性格へ変貌する。最悪の場合精神崩壊を起こしてしまうため、以降のライダーズギアにはこの機能は搭載されなかった。

素質があれば誰でも変身可能で、精神異常を起こす以外は灰化するなどのリスクはない。

仮面ライダーサイガ

劇場版『パラダイス・ロスト』に登場するギリシア文字の『Ψ(プサイ)』を模したデザインの仮面ライダー。変身者は上級オルフェノクの『レオ』。

最新型のライダーズギア、帝王のベルトの1つ『天のベルト・サイガドライバー』で変身する仮面ライダーで、サイガフォンに「315」を入力し、ベルトにセットすることで変身する。

空中戦を前提に開発されており、高い機動力と飛行能力で屋外線では無類の強さを誇る。変身者であるレオがオルフェノクとしても最高位クラスであるため、戦闘力も非常に高い。

仮面ライダーシリーズ初の「外国人が演じる仮面ライダー」でもある。

仮面ライダーオーガ

劇場版『パラダイス・ロスト』に登場するギリシア文字の『Ω(オメガ)』を模したデザインの仮面ライダー。変身者は『木場勇治』。

最新型のライダーズギア、帝王のベルトの1つ『地のベルト・オーガドライバー』で変身する仮面ライダーで、オーガフォンに「000」を入力し、ベルトにセットすることで変身する。

スペックでは通常時でサイガの2倍以上のフォトンブラッドを生成しているため、圧倒的な出力を誇り、機動力ではサイガに劣っているものの、桁違いのパワーと防御力を持つ。

しかし、その高すぎるスペック故、「心・技・体に優れた選ばれしもの」しか変身できないという制約がある、まさに最強のライダーズギア。

ライオトルーパー

TV版終盤、劇場版に登場する 、ギリシア文字の『Ο(オミクロン)』を模したデザインの量産型仮面ライダー。

出力やスペックはファイズに登場するライダーの中では最低だが、高い汎用性を備えており、劇場版では1万人のライオトルーパーによる大部隊が存在する。

素質を持ったものなら誰でも変身可能で、数の優位を活かした集団戦を得意とする。

仮面ライダー555(ファイズ)の敵は『オルフェノク』

今作の敵は”元人間”である『オルフェノク』。

オルフェノクは、人間が一旦死を迎えた後に知的生命体へと再覚醒した人類の進化形態で、覚醒方法には普通に死亡して覚醒するパターンと、オルフェノクが人間にエネルギーを注入してオルフェノク化させる『使徒再生』の2パターンが存在する。

いずれも『オルフェノク因子(記号)』を持つ者のみが覚醒可能で、自然に覚醒したオルフェノクは『オリジナル』と呼ばれ、高い能力を有する傾向にある。

外見は人間だった時と同一で、自らの意思で高い戦闘力を持った異形の姿へと変化することができる。

オルフェノクの多くは人間との共存は不可能と考えており、自分たちだけの世界を作ることを目指して人間を襲っている。一方で人間との共存を望む穏健派も少数だが存在しているが、人間を襲わないオルフェノクは、スマートブレイン社から「裏切り者」と称され、命を狙われている。

仮面ライダー555(ファイズ)に登場するライダーを演じているのは?

「仮面ライダー555(ファイズ)に登場するライダーや、登場人物を演じているのは誰?」

ということで登場キャストの現在などを紹介していきます。

・半田 健人(乾 巧/仮面ライダーファイズ)

俳優、作曲家、歌手、コラムニストとして活躍中

・村上 幸平(草加雅人/仮面ライダーカイザ)

日本の三大特撮シリーズ(ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊)への出演を果たした数少ない特撮俳優の1人。現在も活躍中。

・原田 篤(三原修二/仮面ライダーデルタ)

仮面ライダーの他に『救急戦隊ゴーゴーファイブ』にも出演している。現在も俳優として活躍中。

・泉 政行(木場修二/仮面ライダーオーガ/ホースオルフェノク)

『ごくせん』を始めとする数々のドラマや映画に出演。2015年に死去。

・ピーター・ホー(レオ/仮面ライダーサイガ)

台湾で活躍する俳優。『着信アリ2』など日本映画にも出演している

・芳賀優里亜(園田真理)

俳優の鎌苅健太と結婚。2018年には第一子を出産。

・溝呂木賢(菊池啓太郎)

数々のドラマに出演。現在も俳優として活躍中。

・綾野 剛(澤田亜希/スパイダーオルフェノク)

仮面ライダー555で俳優デビュー。現在も第一線で活躍する俳優。

・速水もこみち(水原)

劇場版に出演。2019年に『平山あや』と結婚。俳優として活躍中で、料理が上手。

・志田未来(ミナ・幼少期)

劇場版に出演。『女王の教室』、『14歳の母』などに出演している女優。2018年に一般男性と結婚。

 

動画サービスカテゴリの最新記事