仮面ライダーゴーストの動画をお得に見る!無料で見る方法とおすすめの動画配信サービス

仮面ライダーゴーストの動画をお得に見る!無料で見る方法とおすすめの動画配信サービス

平成仮面ライダー第17作目として制作された「仮面ライダーゴースト」。

キャッチコピーは「命、燃やすぜ!ヒーローは、一度死んで蘇る。」。2015年10月4日から2016年9月25日まで、全50話が放送されました。

今回は「仮面ライダーゴーストの動画をお得に見る!無料で見る方法とおすすめの動画配信サービス」と題して、仮面ライダーゴーストの基本的な情報やお得に見る方法、おすすすめの動画配信サービスを紹介していきます。

仮面ライダーゴーストを配信している動画配信サービス

2019年11月現在、仮面ライダーゴーストを見放題配信しているサービスは3つ。

3つの動画配信サービスには配信内容やサービス内容に違いや特徴があります。一つずつ紹介するので、自分にあったサービスを見つけてください。

1つ注意点ですが、比較的最近の仮面ライダーの動画は基本的に動画配信されていません。そちらの視聴を考えている人は後で紹介する『TSUTAYAディスカス』を利用してみてください。

“動画配信されていない仮面ライダー作品”

・仮面ライダーゼロワン

・仮面ライダージオウ

・仮面ライダービルド

・仮面ライダーエグゼイド

hulu

仮面ライダー関連の動画を楽しみたいなら、大本命は『hulu』。

昭和から平成ライダーまでのTVシリーズはもちろん、劇場版やテレビスペシャルなど、仮面ライダー関連のコンテンツ量ならナンバーワンと言っていいでしょう。

海外ドラマの最速配信や日テレ系のドラマ・バラエティなどのコンテンツも充実しています。

配信している動画が全て見放題なので「これ有料なのか・・・」とならないのも嬉しいポイントですね。

月額料金 933円(税抜)
総動画本数 50,000本
見放題動画本数 すべて
『平成仮面ライダー』の動画ラインナップ ゴーストまで
視聴可能デバイス PC・スマホ・タブレット・TV・ゲーム機
同時視聴 不可
ダウンロード視聴 可能(オフライン視聴可)
最高画質 HD画質
キャンペーン 2週間無料

dTV

日本の動画配信サービスのシェアNo.1なのが『dTV』。

配信している総動画本数はなんと12万本以上。しかも月額は税抜500円。コスパNo.1のサービスと言っていいかもしれません。

平成仮面ライダーのTVシリーズ、映画など基本的なものは揃っていますが、huluやAmazonプライムと比べるとやや物足りない印象です。

平成ライダーのTVシリーズだけ見られればいい人は問題なく楽しめるでしょう。

月額料金 500円(税抜)
総動画本数 12万本以上
見放題動画本数 すべて(一部有料)
『平成仮面ライダー』の動画ラインナップ ゴーストまで
視聴可能デバイス PC・スマホ・タブレット・TV
同時視聴 不可
ダウンロード視聴 可能(オフライン視聴▲※最初にオンラインでライセンス認証が必要)
最高画質 HD(一部4K)
キャンペーン 31日間無料お試し

Amazonプライムビデオ

通販で有名なAmazonの有料会員【プライム会員】には様々な特典が用意されています。その中の一つがこのAmazonプライムビデオ。

おまけと言えど決して侮れません。豊富な動画ラインナップとオリジナルコンテンツで、「あれ?なんのために会員になってたんだっけ?動画を見るため?」なんて錯覚してしまうくらい充実しています。

仮面ライダーシリーズの動画配信ラインナップに関しては、『huluの次、劇場版の取り扱い数でdTVよりもやや上』といった感じです。

年間プランだと動画配信サービスの中では1番の料金の安さになるということも注目ですね。

最後に言っておきますが、あくまで特典の一つ。気になる人は是非無料お試し期間を利用してみてください。

月額料金 年間プラン4,900円(税込) 月間プラン500円(税込)
総動画本数 70,000本以上
見放題動画本数 9,000作品以上
『平成仮面ライダー』の動画ラインナップ ゴーストまで
視聴可能デバイス テレビ・PC・スマホ・タブレット・ゲーム機
同時視聴 3台
ダウンロード視聴 可(オフライン視聴可)
最高画質 HDR(4K)
キャンペーン Amazonプライム無料体験(30日間)

 

おすすめの動画配信サービスは?

3つのサービスを紹介しましたが、結局どればおすすめなのか?

ズバリ、1番のおすすめは『hulu』です。まずは下の配信作品一覧表を見てください。

hulu dTV Amazonプライム TSUTAYAディスカス
クウガ
アギト
龍騎
555(ファイズ)
剣(ブレイド)
響鬼
カブト
電王
キバ
ディケイド
W(ダブル)
オーズ
フォーゼ
ウィザード
鎧武(ガイム)
ドライブ
ゴースト
エグゼイド
ビルド
ジオウ
ゼロワン  ☓
劇場版
昭和ライダー

平成ライダーのテレビシリーズに関してはどのサービスも変わらないのですが、劇場版、あとは昭和ライダーに関してはhuluが圧倒的に優れています。

ということで1番のおすすめは『hulu』です。

ただ、「平成ライダーしか見ない!」という人なら月額料金の安い残り2つから好きな方でいいと思います。

仮面ライダーの内容重視なら『Amazonプライムビデオ』。

TVシリーズだけで十分、一応他の動画も楽しみたいなら『dTV』がおすすめです。



仮面ライダーの動画が1番楽しめるのは『TSUTAYAディスカス』

実は1番仮面ライダーの動画を楽しむことができるのは、宅配レンタルが仕える『TSUTAYAディスカス』なんです。

たしかに動画配信サービスはいつでもどこでも楽しむことができるというメリットがあります。ただし、動画のラインナップに関してはまだまだレンタルには勝てません。その証拠に、配信作品一覧のところで、最も多くの作品を取り扱っていたのはTSUTAYAディスカスでした。

『ネットで注文、宅配便で家に届き、返却はポストへ』

たしかに動画配信サービスと違いやや不便ではありますが、直接お店にレンタルしに行くよりは便利ですよね。

最近の仮面ライダーシリーズも楽しみたいという人は『TSTAYAディスカス』も検討してみてください。

”TSUTAYAディスカスの詳細”

・【ネットで注文→自宅に配達→ポストに返却!】お店に行く必要なし!

・豊富な作品数!TSTAYAで取り扱っている作品全てが見られる!

・送料、延滞料0円

プラン内容

・定額レンタル4→月額税抜933円、新旧問わず好きな作品が月最大4枚までレンタル可能

・定額レンタル8→月額税抜1,865円、新旧問わず好きな作品が月最大8枚までレンタル可能。9枚目以降旧作は借り放題

・定額レンタル16→月額税抜3,670円、新旧問わず好きな作品が月最大16枚までレンタル可能。17枚目以降旧作は借り放題

・定額レンタル24→月額税抜5423円、新旧問わず好きな作品が月最大24枚までレンタル可能、25枚目以降旧作は借り放題

「ちょっと気になる!」という方は『TSUTAYA TV(動画見放題)+TSUTAYAディスカス(定額レンタル8)』を30日間無料で試せる、無料お試しキャンペーンを開催してるのでぜひそちらをご利用ください。

お試し後に、動画見放題の『TSUTAYA TV』だけの利用、定額レンタルの『TSUTAYAディスカス』だけの利用も選択可能ですし、解約もOK!

特に「最近の仮面ライダーを見たい!」という人はおすすめですよ!

仮面ライダーゴーストを無料で見る方法は無料お試し期間を利用する!

仮面ライダーゴーストを無料で見る方法を紹介します。

方法は非常に簡単!【各動画配信サービスの無料お試し期間を利用する】です。

 

今回紹介したサービスには、それぞれ無料で試せる期間があります。その期間中に全て見て、解約してしまえば料金はかかりません。

ただ、全ての平成ライダーを見終わることはできないと思うので、各サービスをハシゴして賢く利用すれば、なるべく費用を抑えることは可能です。

面倒臭い人は、それぞれのサービスを利用してみて、気に入ったものを使い続けるという方法もありますね。

なるべく費用を抑えるために使うか、自分にあったサービスを見つけるために使うか、無料お試し期間をうまく利用して、お得に動画配信サービスを利用してください。

仮面ライダーゴーストってどんな物語?

幽霊退治を担うゴーストハンター・天空寺龍は、偶然現れた眼魔と戦うが敗れ、息子の天空寺タケルに、宮本武蔵が持っていた刀の鍔を託し息絶えてしまう。

それから10年が経った2015年。大天空寺の跡取りとなったタケルは、龍と同じゴーストハンターを目指そうとするも、ゴースト(=幽霊)が見えないことに悩んでいた。タケルが18歳を迎えた日、大天空寺に小包が届く。その中には、龍の遺品である眼魂(アイコン)が入っていた。その眼魂(アイコン)に触れたタケルは、突如、幽霊の姿が見えるようになった。だがその直後、刀眼魔と槍眼魔の襲撃を受け、タケルは命を落としてしまう。生と死の狭間の世界で仙人に出会ったタケルは、偉人・英雄のアイコンを15個集めれば生き返ることができると教えられ、ゴーストドライバーを受け取る。そして人間の世界を害する眼魔から人々を守り、自らも生き返るために、仮面ライダーゴーストとなり戦うことを決意するのだった。

株式会社石森プロ|仮面ライダーゴースト

今作の仮面ライダーは、名前の通り「幽霊」をモチーフに採用。主人公が第1話で殺され、幽霊となって蘇るなど人の生死「生命」をテーマにしたストーリーが展開されます。

幽霊というモチーフは、メカニカル要素の強い前作との差別化するとともに、「怪奇アクション」が注目されたシリーズ初期への原点回帰という意味も込められています。

キーアイテムとなるゴースト眼魂(アイコン)や、敵である眼魔(ガンマ)のデザインモチーフに「目玉」が使われていますが、目玉という要素も仮面ライダー1号・2号の変身ベルト・タイフーンの形状が目玉に似ていたことに由来しています。

「生命」という重くなりがちなテーマではありますが、重くなりすぎないよう「子ども向きの番組」ということを念頭に置きバラエティに飛んだストーリーが展開されます。その結果、強烈なギャグやシュールなシーンも多く、平成仮面ライダーシリーズの中でも異色の作品となっています。

仮面ライダーゴーストに登場するのはどんな仮面ライダー?

今作の仮面ライダーは眼魂(アイコン)と呼ばれる目玉のようなキーアイテムの力を利用して、怪人『眼魔』と戦う戦士のこと。

ベースとなるトランジェントと呼ばれる形態は基本的に全ライダー共通のデザインで、メインカラーは黒。スッキリとしたフォルムをしていて、フェイスマスクも”のっぺらぼう”のようにまっさらである。

ベルトに眼魂を装填することで、眼魂に封入された歴史上の偉人たちをモチーフにしたパーカーが出現し、それを纏うことでフェイスマスクが出現し、偉人たちの能力を使うことができる。

仮面ライダーゴースト

物語の主人公で18歳の青年・天空寺タケルが変身する今作のメインライダー。

第1話で眼魔に殺されてしまったタケルは、幽霊となってこの世に現れ、偉人たちの魂を封入した15個の眼魂を集めて生き返るために仮面ライダーゴーストとなって戦う。

ベルト型のゴーストドライバーにゴーストアイコンを装填することで変身する。装填するゴーストアイコンを変え憑依させる英雄・偉人を変えることで(パーカーを着替える)ことでさまざまなフォームへ変身する。ちなみに精神はタケルのままなので、電王のように人格が変わることはない。

オレ魂

オレゴーストアイコンを装填して変身するゴーストの基本形態。メインカラーは黒とオレンジ。

ガンガンセイバーを使った剣術、幽霊のように浮遊して敵を翻弄する戦術を使用する。

ムサシ魂

ムサシゴーストアイコンを装填して変身する、宮本武蔵の魂を憑依させた形態。メインカラーは赤。

二刀流を使った剣術戦を得意とする。

エジソン魂

エジソンゴーストアイコンを装填して変身する、発明家トーマス・エジソンの魂を憑依させた形態。メインカラーは銀と黄色。

電気を吸収する能力を持ち、頭部に電気刺激を受けることで思考能力を活性化させ、”ひらめき”を生み出せる。

ロビン魂

ロビンゴーストアイコンを装填して変身する、イングランドの伝説上の人物ロビンフッドの魂を憑依させた形態。メインカラーは緑。

ガンガンセイバー・アローモードを用いた射撃戦を得意とする。ステルス状態で的に近づいたり、分身したりすることも可能。

ニュートン魂

ニュートンゴーストアイコンを装填して変身する、天才学者アイザック・ニュートンの魂を憑依させた形態。メインカラーは青。

両手に球体状のグローブを装備しており、右手で斥力、左手で引力を操る。

ベートーベン魂

ベートーベンゴーストアイコンを装填して変身する、音楽家ベートーベンの魂を憑依させた形態。メインカラーは黒でピアノの鍵盤のようなデザインが施されている。

特殊な振動波を音楽に乗せて放つことができる。

ビリー・ザ・キッド魂

ビリー・ザ・キッドゴーストアイコンを装填して変身する、伝説のガンマン・ビリー・ザ・キッドの魂を憑依させた形態。メインカラーは茶色。

2丁拳銃を使った銃撃戦を得意とする。

ベンケイ魂

ベンケイゴーストアイコンを装填して変身する、武蔵坊弁慶の魂を憑依させた形態。メインカラーは白。

敵の攻撃エネルギーを吸収し、自らの防御力に変える能力を持ち、ガンガンセイバー・ハンマーモードを使用した力押しの戦法を得意とする。

闘魂ブースト魂

闘魂ブーストゴーストアイコンを装填し変身するゴーストの強化形態。メインカラーは赤と黒で、トランジェントの色も赤に変わっているため。全身が真っ赤になっている。

体内に秘めた熱エネルギーをパンチやキック、専用可変武器『サングラスラッシャー』に纏って強力な攻撃を繰り出す。

このフォームからの変身を想定したゴエモン・リョウマ・ヒミコの3つのフォームは、それまでのパーカーとの差別化のためロングコートに変わっている。また、闘魂ブースト魂からそれまでのパーカー系フォームに変身することで、トランジェントは闘魂ブースト魂のままパーカーを着る、強化派生形態(例:闘魂ムサシ魂)へ変身することができる。

それとは逆に、基本形態のトランジェントのままロングコート系フォームに変身することもできる。

ゴエモン魂

ゴエモンゴーストアイコンを装填して変身する、大盗賊・石川五右衛門の魂を憑依させた形態。メインカラーは蛍光イエローでフェイスマスクは歌舞伎の隈取をイメージしている。

サングラスラッシャーを逆手で持ち、素早い身のこなしを活かし戦法を得意とする。

リョウマ魂

リョウマゴーストアイコンを装填して変身する、坂本龍馬を憑依させた形態。メインカラーは青と白で、坂本龍馬が着ていた和服をイメージしている。

サングラスラッシャーのソードモードとブラスターモードを使い分けて戦う。

ヒミコ魂

ヒミコゴーストアイコンを装填して変身する、邪馬台国の女王・卑弥呼を憑依させた形態。メインカラーはピンク。

敵の挙動から攻撃を予知する能力や、操られた人々を元に戻す浄化の能力を使うことができる。

グレイトフル魂

15人の偉人の力が宿ったアイコンドライバーGを装着して変身する強化形態。

基本カラーは金と黒。重厚な鎧を纏ったような外見をしており、身体の各部にゴーストたちのマスクが表示されている。

スペックが大幅に向上している他、これまでの全てのフォームの能力を使用でき、ゴーストたちを呼び出して一緒に戦うことも可能となっている。また、ガンガンセイバーやサングラスラッシャーを出現させ各種モードを使いこなす。

ムゲン魂

ゴーストドライバーにムゲンゴーストアイコンを装填して変身するゴーストの最強形態。メインカラーは白で、トランジェントも白銀を基調としたものに変化している。

感情からエネルギーを得ることで繰り出される攻撃は、消滅不可能な存在さえ完全消滅させることが可能。攻撃力だけでなく防御力も感情のエネルギーに応じて上昇していく。

その名の通り無限の可能性を秘めたフォームである。

仮面ライダースペクター

行方不明となっていたタケルの幼馴染・深海マコトが変身する仮面ライダー。

10年前に神隠しのように行方不明になっていたマコトは、ある事件により眼魔の世界に飛ばされてしまっていた。なんらかの事情で封印されてしまった妹の深海カノンを生き返らせるために、眼魂を集めている。

ゴーストと同様、ゴーストドライバーにゴーストアイコンを装填することで変身する。トランジェントは基本的にゴーストと一緒だが、差別化のために青のカラーリングが用いられている。

基本形態(スペクター魂)

スペクターゴーストアイコンを装填して変身するスペクターの基本形態。メインカラーは黒と青。ゴーストの『オレ魂』のように、〇〇魂という名前はないが、便宜上『スペクター魂』と呼ばれている。

戦闘のエキスパートであるマコトが変身しているため、ゴーストよりも戦闘力は高い。

ツタンカーメン魂

ツタンカーメンゴーストアイコンを装填して変身する、古代エジプトの王の1人・ツタンカーメンを憑依させた形態。メインカラーはターコイズブルー。

ガンガンハンド・鎌モードおを使った斬撃戦を得意とする。

ノブナガ魂

ノブナガゴーストアイコンを装填して変身する、織田信長を憑依させた形態。メインカラーは紫。

ガンガンハンド・銃モードを使用した銃撃戦を得意とする。

フーディーニ魂

フーディーニゴーストアイコンを装填して変身する、奇術師フーディーニを憑依させた形態。メインカラーは群青。他のフォームと違い、スペクターの専用バイク・マシンフーディーがパーカーゴーストに変形して装着される。

背中の飛行ユニットで空中飛行するほか、脱出マジックを活かした瞬間移動、掌から鎖を放ったりもする。

エジソン魂

エジソンゴーストアイコンを装填して変身する、エジソンを憑依させた形態。メインカラーは銀と黄色。

能力などはゴーストと一緒。ガンガンハンドロッドモードを使用する。

ネクロムスペクター

ネクロムゴーストアイコンを装填して変身した姿。アランにより無理やりネクロムゴーストアイコンをマコトのゴーストドライバーに装填されて強制的に変身させられた。

マコトの意思は消え去り、アランの意思で行動している。

ディープスペクター

ディープスペクターゴーストアイコンを装填して変身する、スペクターの強化形態。トランジェントが銀色基調のものに変化しており、メインカラーは紫、身体の各部に銀の装飾が施されている。

戦闘力が大幅に向上しており、専用武器のディープスラッシャーを使用して戦う。トランジェントがこの状態のまま各種形態へと変身することも可能(ディープスペクターツタンカーメン魂・ノブナガ魂・エジソン魂)

仮面ライダーネクロム

眼魔の世界の大帝『アドニス』の息子・アランが変身する仮面ライダー。

ゴースト、スペクターとは変身システムが違っており、目薬をモチーフにしたブレスレット型変身アイテム「メガウルオウダー」にゴースト眼魂を装填することで変身する。

また、トランジェントも白を基調としており、フェイスマスクものっぺらぼうではなくカメラレンズのようなものが付いている。

基本形態(ネクロム魂)

メガウルオウダーにネクロムゴーストアイコンを装填して変身する、ネクロムの基本形態。スペクターと同様、〇〇魂のような名前はない。

掌底を主体とした格闘戦を得意とし、肉体を液状化させ攻撃を無効にすることができる。スペックも高く、数値上はゴーストの闘魂ブースト魂よりも強い。

ただし、その分消耗も激しく、エネルギーが切れると強制的に変身を解除されてしまう。

グリム魂

グルムゴーストアイコンを装填して変身する、グリム兄弟を憑依させた形態。メインカラーは緑。

肩に付いているペン先を自在に伸ばして戦う。

サンゾウ魂

サンゾウゴーストアイコンを装填して変身する、三蔵法師を憑依させた形態。メインカラーは薄橙。

背面に装着されているリング『ゴコウリン』を投擲武器として使用する。

仮面ライダーゴーストの敵は『眼魔』

仮面ライダーゴーストの敵、今作の怪人となるのは異界からやってきた存在『眼魔(ガンマ)』。

ガンマホールと呼ばれる紋章から現世へと現れ、物に宿っている強い思いをパーカーとして取り込み、それに応じた能力を発揮、取り込んだ物に関連する偉人をモチーフにした姿となる。

幽霊のような性質をもっており、普通の人間には視認することは不可能で、どんなに大声を出しても感知されることはなく、一方的に干渉することができる。眼魂を持つ者や、不知火などの特殊なアイテムを使用することで初めて視認することが可能だが、普通の攻撃ではダメージを負うことはない。

彼らの目的はタケルと同様、偉人の魂を宿した眼魂を集めることのようだが、使役する人物によって目的が違うため、真の目的は不明のままである。

仮面ライダーゴーストの登場人物を演じているのは誰?

「仮面ライダーゴーストの登場人物を演じているのは誰?」

ということで登場キャストの現在などを紹介していきます。

・西銘駿(天空寺タケル/仮面ライダーゴースト)

第27回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリを受賞。

仮面ライダードライブ、ジオウ、動物戦隊ジュウオウジャーにも、仮面ライダーゴースト/天空寺タケル役として出演している。

ドラマ、映画、舞台などで活躍する若手俳優である。

・山本涼介(深海マコト/仮面ライダースペクター)

仮面ライダージオウにも深海マコト役で出演している。MEN’S NON-NO専属モデルでもある。

・磯村勇斗(アラン/仮面ライダーネクロム)

ゴーストに出演する前からNHKの連続テレビ小説『まれ』、『ひよっこ』に出演するなどしていた。

現在もドラマ『今日からオレは!!』、『時効警察』に出演するなど活躍中。

・大沢ひかる(月村アカリ)

2018年度はドラマや映画に出演していたが、2019年になってからは活動しているか不明。公式インスタグラムの更新もされていない。

・柳喬之(御成)

今作で住職役を演じるにあたり、スキンヘッドにしている。

現在はモデル業を中心に行っている。活動の拠点もNY?海外?

・溝口琢矢(シブヤ)

劇場版電王ではミニ電王及び小太郎を演じている。当時12歳。

その後、ディケイドで野上良太郎役、ジオウでシブヤ役で出演している。俳優として活躍中。

・勧修寺玲旺(ナリタ)

ジオウにもナリタ役として出演。

現在も舞台に出演するなど、俳優としても活動中。自身のアパレルブランド「PATRA」を立ち上げている。

叔母は元モーニング娘の後藤真希

・森下能幸(西園寺主税)

数多くの作品で活躍する名バイプレイヤー。幸薄そうな役が多い。

・勝野洋(アドニス)

『太陽にほえろ!』でテキサス刑事役を務めていたベテラン俳優。

ベテラン過ぎて特に言うことはありません。

・真山明大(アデル)

現在も俳優として稼働中。ベガルタ仙台のファン

・かでなれおん(アリア)

女優としても活動しているが、企画・演出の仕事もしている模様。

・工藤美桜(深海カノン)

ゴーストがテレビドラマ初出演作品。現在も活動中の若手女優。

・セイン・カミュ(スティーブ・ビルズ)

アメリカ出身のタレント。バラエティ番組への出演が多いが、俳優としても活躍している。

youtuberとしても活動している。

・悠木碧(ユルセン)

人気声優。主な出演作品は『魔法少女まどかマギカ(鹿目まどか役)』『7つの大罪(ディアンヌ)』など

・西村和彦(天空寺龍)

リポDのCMにも出演している。ドラマやバラエティに出演するなど、現在も活動中。

・竹中直人(仙人)

ゴーストのキャスティングの際、ダメ元で出演交渉をしたところOKが出たらしい。

有名人すぎるので、特に言うことはない。

 

動画サービスカテゴリの最新記事