仮面ライダーキバの動画はここで見ろ!無料で見る方法とおすすめの動画配信サービス

仮面ライダーキバの動画はここで見ろ!無料で見る方法とおすすめの動画配信サービス

平成仮面ライダー第9作目、石ノ森章太郎生誕70周年記念作品として制作された仮面ライダーキバ。

キャッチコピーは「覚醒(ウェイクアップ)!運命(さだめ)の鎖を解き放て!!」。2008年1月27日から2009年1月18日まで全48話が放送されました。

今回は『仮面ライダーキバの動画はここで見ろ!無料で見る方法とおすすめの動画配信サービス』と題して、仮面ライダーキバの基本的な情報やお得に見る方法、おすすめの動画配信サービスを紹介していきます。

仮面ライダーキバを配信している動画配信サービス

2019年10月1日現在、仮面ライダーキバを見放題配信しているサービスは3つ。

3つの動画配信サービスには配信内容やサービス内容に違いや特徴があります。一つずつ紹介するので、自分にあったサービスを見つけてください。

1つ注意点ですが、比較的最近の仮面ライダーの動画は基本的に動画配信されていません。そちらの視聴を考えている人は後で紹介する『TSUTAYAディスカス』を利用してみてください。

“動画配信されていない仮面ライダー作品”

・仮面ライダーゼロワン

・仮面ライダージオウ

・仮面ライダービルド

・仮面ライダーエグゼイド

hulu

仮面ライダー関連の動画を楽しみたいなら、大本命は『hulu』。

昭和から平成ライダーまでのTVシリーズはもちろん、劇場版やテレビスペシャルなど、仮面ライダー関連のコンテンツ量ならナンバーワンと言っていいでしょう。

海外ドラマの最速配信や日テレ系のドラマ・バラエティなどのコンテンツも充実しています。

配信している動画が全て見放題なので「これ有料なのか・・・」とならないのも嬉しいポイントですね。

月額料金 933円(税抜)
総動画本数 50,000本
見放題動画本数 すべて
『平成仮面ライダー』の動画ラインナップ ゴーストまで
視聴可能デバイス PC・スマホ・タブレット・TV・ゲーム機
同時視聴 不可
ダウンロード視聴 可能(オフライン視聴可)
最高画質 HD画質
キャンペーン 2週間無料

dTV

日本の動画配信サービスのシェアNo.1なのが『dTV』。

配信している総動画本数はなんと12万本以上。しかも月額は税抜500円。コスパNo.1のサービスと言っていいかもしれません。

平成仮面ライダーのTVシリーズ、映画など基本的なものは揃っていますが、huluやAmazonプライムと比べるとやや物足りない印象です。

平成ライダーのTVシリーズだけ見られればいい人は問題なく楽しめるでしょう。

月額料金 500円(税抜)
総動画本数 12万本以上
見放題動画本数 すべて(一部有料)
『平成仮面ライダー』の動画ラインナップ ゴーストまで
視聴可能デバイス PC・スマホ・タブレット・TV
同時視聴 不可
ダウンロード視聴 可能(オフライン視聴▲※最初にオンラインでライセンス認証が必要)
最高画質 HD(一部4K)
キャンペーン 31日間無料お試し

Amazonプライムビデオ

通販で有名なAmazonの有料会員【プライム会員】には様々な特典が用意されています。その中の一つがこのAmazonプライムビデオ。

おまけと言えど決して侮れません。豊富な動画ラインナップとオリジナルコンテンツで、「あれ?なんのために会員になってたんだっけ?動画を見るため?」なんて錯覚してしまうくらい充実しています。

仮面ライダーシリーズの動画配信ラインナップに関しては、『huluの次、劇場版の取り扱い数でdTVよりもやや上』といった感じです。

年間プランだと動画配信サービスの中では1番の料金の安さになるということも注目ですね。

最後に言っておきますが、あくまで特典の一つ。気になる人は是非無料お試し期間を利用してみてください。

月額料金 年間プラン4,900円(税込) 月間プラン500円(税込)
総動画本数 70,000本以上
見放題動画本数 9,000作品以上
『平成仮面ライダー』の動画ラインナップ ゴーストまで
視聴可能デバイス テレビ・PC・スマホ・タブレット・ゲーム機
同時視聴 3台
ダウンロード視聴 可(オフライン視聴可)
最高画質 HDR(4K)
キャンペーン Amazonプライム無料体験(30日間)

 

おすすめの動画配信サービスは?

3つのサービスを紹介しましたが、結局どればおすすめなのか?

ズバリ、1番のおすすめは『hulu』です。まずは下の配信作品一覧表を見てください。

hulu dTV Amazonプライム TSUTAYAディスカス
クウガ
アギト
龍騎
555(ファイズ)
剣(ブレイド)
響鬼
カブト
電王
キバ
ディケイド
W(ダブル)
オーズ
フォーゼ
ウィザード
鎧武(ガイム)
ドライブ
ゴースト
エグゼイド
ビルド
ジオウ
ゼロワン  ☓
劇場版
昭和ライダー

平成ライダーのテレビシリーズに関してはどのサービスも変わらないのですが、劇場版、あとは昭和ライダーに関してはhuluが圧倒的に優れています。

ということで1番のおすすめは『hulu』です。

ただ、「平成ライダーしか見ない!」という人なら月額料金の安い残り2つから好きな方でいいと思います。

仮面ライダーの内容重視なら『Amazonプライムビデオ』。

TVシリーズだけで十分、一応他の動画も楽しみたいなら『dTV』がおすすめです。



仮面ライダーの動画が1番楽しめるのは『TSUTAYAディスカス』

実は1番仮面ライダーの動画を楽しむことができるのは、宅配レンタルが仕える『TSUTAYAディスカス』なんです。

たしかに動画配信サービスはいつでもどこでも楽しむことができるというメリットがあります。ただし、動画のラインナップに関してはまだまだレンタルには勝てません。その証拠に、配信作品一覧のところで、最も多くの作品を取り扱っていたのはTSUTAYAディスカスでした。

『ネットで注文、宅配便で家に届き、返却はポストへ』

たしかに動画配信サービスと違いやや不便ではありますが、直接お店にレンタルしに行くよりは便利ですよね。

最近の仮面ライダーシリーズも楽しみたいという人は『TSTAYAディスカス』も検討してみてください。

”TSUTAYAディスカスの詳細”

・【ネットで注文→自宅に配達→ポストに返却!】お店に行く必要なし!

・豊富な作品数!TSTAYAで取り扱っている作品全てが見られる!

・送料、延滞料0円

プラン内容

・定額レンタル4→月額税抜933円、新旧問わず好きな作品が月最大4枚までレンタル可能

・定額レンタル8→月額税抜1,865円、新旧問わず好きな作品が月最大8枚までレンタル可能。9枚目以降旧作は借り放題

・定額レンタル16→月額税抜3,670円、新旧問わず好きな作品が月最大16枚までレンタル可能。17枚目以降旧作は借り放題

・定額レンタル24→月額税抜5423円、新旧問わず好きな作品が月最大24枚までレンタル可能、25枚目以降旧作は借り放題

「ちょっと気になる!」という方は『TSUTAYA TV(動画見放題)+TSUTAYAディスカス(定額レンタル8)』を30日間無料で試せる、無料お試しキャンペーンを開催してるのでぜひそちらをご利用ください。

お試し後に、動画見放題の『TSUTAYA TV』だけの利用、定額レンタルの『TSUTAYAディスカス』だけの利用も選択可能ですし、解約もOK!

特に「最近の仮面ライダーを見たい!」という人はおすすめですよ!

仮面ライダーキバを無料で見る方法は無料お試し期間を利用する!

仮面ライダーキバを無料で見る方法を紹介します。

方法は非常に簡単!【各動画配信サービスの無料お試し期間を利用する】です。

 

今回紹介したサービスには、それぞれ無料で試せる期間があります。その期間中に全て見て、解約してしまえば料金はかかりません。

ただ、全ての平成ライダーを見終わることはできないと思うので、各サービスをハシゴして賢く利用すれば、なるべく費用を抑えることは可能です。

面倒臭い人は、それぞれのサービスを利用してみて、気に入ったものを使い続けるという方法もありますね。

なるべく費用を抑えるために使うか、自分にあったサービスを見つけるために使うか、無料お試し期間をうまく利用して、お得に動画配信サービスを利用してください。

仮面ライダーキバってどんな物語?

人間に化けて、人間の生命エネルギー(ライフエナジー)を吸うモンスター「ファンガイア族」。西暦1986年、ファンガイアハンターの麻生ゆりは、とある男の乱入によりファンガイアを取り逃がしてしまった。その男は紅音也と名乗った。

その22年後の西暦2008年、ファンガイアハンターの麻生恵が、ファンガイアと対峙しピンチに陥っていた。バイオリン職人として修業中の青年、紅渡は、天才バイオリニストであった父が残したバイオリン「ブラッディ・ローズ」の弦の震えに突き動かされるかのように、ファンガイアに向かっていく。奇妙な姿をしたコウモリ・キバットバット三世が、渡に噛み付いた瞬間、彼の身体は鎧に包まれ、仮面ライダーキバへと変身した。

父、音也。息子、渡。二人の物語が時を越えて交じり合う―。

株式会社石森プロ|仮面ライダーキバ

作品とモチーフは「吸血鬼」で、随所に西洋ホラー的な要素や演出が取り入られた作品になっています。

今作の大きな特徴は本作の主人公は2人いることです。

紅渡を主人公とした現在(2008)年の物語と、その父である紅音也を主人公にした過去(1986年)の物語が並行して描かれており、過去と現在の展開がオーバーラップしたり、現代で結果だけが提示された事象が過去で解説されたりと、過去と現在、親と子、それぞれのストーリーが混じり合いながら影響を与えながら物語が展開していきます。

仮面ライダーキバに登場するのはどんな仮面ライダー?

仮面ライダーキバに登場する仮面ライダーは、劇場版を含めると6タイプ。テレビ本編では4タイプのライダーたちが登場します。

特徴としては、作品のコンセプトが『吸血鬼』ということもあり、ライダーたちのデザインにそれに関連するもの(コウモリ、十字架、ステンドグラスなど)が取り入れられていること、ベルトがしゃべり、相棒のような存在になっていたりすることが挙げられます。

仮面ライダーキバ

主人公・紅渡が変身する本作のメインライダーで、モチーフは『ヴァンパイア』。

キバットバットⅢ世が渡の手を噛み『魔皇力』を体内に注入し、キバの鎧を纏って変身する。

フエッスル(笛)で召喚した武器形態のモンスターを使用することでフォームチェンジを行う。

キバフォーム

仮面ライダーキバの基本形態。基本カラーは赤。

専用武器は使用せず、素手での格闘戦や奇襲攻撃を得意とする。

ガルルフォーム

キバットが『ガルルフエッスル』を吹き、ガルルが变化した『魔獣剣ガルルセイバー』を召喚し、握ることで、ガルルの持つエレメントの影響を受けて変身するフォーム。基本カラーは青。

俊敏性に優れ、野性味あふれる近接攻撃やガルルセイバーを用いた剣術戦を得意とする。

バッシャーフォーム

キバットが『バッシャーホイッスル』を吹き、バッシャーが変化した『魔海銃バッシャーマグナム』を召喚し、握ることで、バッシャーの持つエレメントの影響を受けて変身するフォーム。基本カラーは緑。

視力などの感覚が向上し、水中での無限活動が可能。バッシャーマグナムを用いた銃撃戦を得意とする。

ドッガフォーム

キバットが『ドッガフエッスル』を吹くことで、ドッガが変化した『魔鉄槌ドッガハンマー』を召喚し、握ることでドッガの持つエレメントの影響を受けて変身するフォーム。基本カラーは紫。

頑丈な鎧に覆われており、腕力や防御力が大きく向上、4つの基本フォーム中最高の攻撃力と防御力を誇る。

ドガバキフォーム

キバットがガルル・バッシャー・ドッガフエッスルをまとめて吹き、3体同時召喚して変身したフォーム。正式名称は『ドッガ・ガルル・バッシャー・キバフォーム』。全てのフォームが混ざったような見た目をしている。

4フォーム全ての能力を備えており、それぞれの武器も同時に使用可能。非常に強力だが、渡と3体のモンスターへの肉体的負担が大きく、活動限界時間が5分間だった。

TV本編では風邪で調子の出ないキバットが緊急措置として使用した。

エンペラーフォーム

キバフォームの拘束具をタツロットが解除することで変身する、キバの最強フォーム。基本カラーは赤と金色で背中に赤いマントを装着している。

実は仮面ライダーキバの本来の姿であり、キバフォームはエンペラーフォームの強すぎる力を封印している状態。

通常のキックが『ダークネスムーンブレイク(キバ・ドガバキフォームの必殺技・ライダーキック)』と同等の威力を持つほど、強大な力を秘めている。

飛翔態

エンペラーフォームから更に覚醒し、巨大なコウモリ型のモンスターとなったキバの最強形態の1つ。

ネタバレになるので詳細は省くが、ファンガイア達の間では”伝説の魔獣”として忌み嫌われた存在であり、渡にしかなれない特殊な形態である。

強大な力と存在の不安定さから、キバットでも完全に制御出来ておらず、いつ暴走してもおかしくない危険な状態でもある。

ドガバキエンペラーフォーム

児童雑誌『てれびくん』の視聴者応募DVDでのみ登場する特殊なフォーム。

ドガバキフォームにエンペラーフォームのマントが追加されたような見た目をしており、能力もドガバキ+エンペラーなので、最強だと思われるが詳細は不明。

仮面ライダーイクサ

ファンガイアの討伐を目的とした民間団体『素晴らしき青空の会』が制作した、対ファンガイア用パワードスーツ。適合者が『イクサベルト』に『イクサナックル』を装着することで変身する。基本カラーは白。モチーフはヴァンパイアと戦う『聖職者』を元にしている。

1986年にロールアウトされ、過去編と現代編の両方で登場。ロールアウト間もない過去編のプロトイクサは、武装がイクサナックルしかない他、動作が非常に不安定で反動によって装着者の生命に危険を及ぼすなどの欠陥を抱えている。

現代編では、22年間に及ぶファンガイアとの戦闘データを元に『Ver.X』へと改良され、外見の変更はないが性能が大きく向上、フエッスル・エクスカリバー・バーストモードへの変形など武装も追加されている。

ある程度の戦闘力を持つものなら誰でも変更可能で、過去編・現代編どちらの時代にも複数の変身者が存在する。主な変身者は名護啓介。

セーブモード

イクサが変身直後にとる、パワーを抑えた状態の第1形態。

過去編のプロトイクサは、このモードのみで活動する。

バーストモード

顔面部のシールドが展開し、セーブモードで抑えられていたパワーを開放した第2形態。

イクサシステムの全機能を発揮できるが、装着者への負担が大きい。

ライジングイクサ

イクサシステムが『Ver.Ⅺ』に移行することで変身可能となった、仮面ライダーイクサの最強形態。

口部から取り外した携帯電話型ツール『イクサライザー』に『1→9→3』と入力して変身する。胸部装甲が展開、肩部の装甲が弾け飛び、基本カラーも青へと変わる。

システムのプロテクトを解除することで常時100%の出力で稼働することができる、以前のイクサを遥かに上回る戦闘力を発揮する。

仮面ライダーサガ

ファンガイアの王・登太牙がサガの鎧を纏い変身する仮面ライダー。

基本カラーは銀、モチーフはヘビ。人工生命体『サガーク』がベルトとなり、専用武器の『ジャコーダー』をバックルに挿入することで変身する。

キバの鎧以前に開発された鎧のため、専用武器はジャコーダー1つ、所持するホイッスルも1つだけと、武装はすくないものの、キバのエンペラーフォームに匹敵する力を持っている。

仮面ライダーダークキバ

ファンガイアの王のために作り出された『ダークキバの鎧』を纏うことで変身することができる仮面ライダー。変身方法はキバと同じで、『キバットバットⅡ世』に噛まれることで変身する。

基本カラーは赤と黒で、見た目はキバのエンペラーフォームと同じ様なデザインとなっている。

基本性能はエンペラーフォームと同等だが、設定上はキバの3倍の防御力を誇り、装着者の資質が高いため、劇中ではエンペラーフォーム以上の戦闘力を発揮している。

普通の人間はキバットバットⅡ世に噛みつかれ時点で即死、そうでなくても素質がない者が変身しようとすると瞬時に死亡してしまうほど危険な鎧で、装着者への負担も大きい。

主な装着者はファンガイアのキング。

仮面ライダーキバの敵は『ファンガイア』

今作の敵は、吸血鬼伝説の元となった存在であり、世界各地に伝承として残るモンスターの原型となった13の魔族の頂点に君臨する『ファンガイア』。

ライフエナジーと呼ばれる生体エネルギーを糧としており、それを得るために人間を襲う。

普段は人間の姿を借り、「人間を食料として見る」以外、思考・行動などは人間とほとんど変わりなく、人間社会に溶け込んで生活している。

怪人形態になると、ステンドグラスに似た体組織が現れ、動物に似た特徴を持った姿へと変貌。その特徴に応じて、昆虫に似た「インセクトクラス」、獣に似た「ビーストクラス」、水棲生物に似た「アクアクラス」、爬虫類に似た「リザードクラス」の4つの形態クラスが存在する。

その他に、最強の戦闘力を持った『チェックメイトフォー』と呼ばれるファンガイアが存在。

チェスの駒に相当する「キング・クイーン・ビショップ・ルーク」の役割があり、キングはファンガイア族の支配者であり王、クイーンはその妻、ルークとビショップは補佐役として行動している。

『キバットバットⅢ世』も13の魔族の末裔

今作の主人公・紅渡の相棒であり、変身ベルトの『キバットバットⅢ世』は、13の魔族の1つ『キバット族』の末裔。

見た目どおり、コウモリに似た体型を持つ小型の種族で、人間以上の高い知能を持っているとされる。

「魔皇力」と呼ばれる魔族の潜在能力を引き出だし、コントロールすることに長けているため、ファンガイアが作り出した鎧のコントロール役として使われている。

ファンガイア族とは同盟関係にある模様。

仮面ライダーキバに登場するライダーを演じているのは?

「仮面ライダーキバに登場するライダーや登場人物を演じているのは誰?」

ということで登場キャストの現在などを紹介していきます。

・瀬戸康史(紅渡/仮面ライダーキバ)

仮面ライダーキバの現代編で主人公を演じるのは人気俳優の瀬戸康史。

数々の映画やドラマで活躍中。2019年10月には女優の山本美月さんとの交際も発覚しています。

・武田航平(紅音也/仮面ライダーイクサなど)

仮面ライダーディケイド、ビルドにも出演。現在も俳優として活躍中。

・加藤慶祐(名護啓介/仮面ライダーイクサ)

2017年まで俳優として活動、その後引退し、アパレルブランド『スターリアン』の代表を努めている。

・柳沢なな(麻生恵/仮面ライダーイクサ)

2012年頃まで女優として活動、一度活動を休止するが、2015年から舞台女優として活動。

・高橋優(麻生ゆり/仮面ライダーイクサ)

仮面ライダージオウにも出演、現在も女優として活動中。

夫は格闘家・卜部弘嵩、姉はモデルの高橋メアリージュン。

・山本匠馬(登大牙/仮面ライダーサガ/仮面ライダーダークキバ)

仮面ライダー以外にも、牙狼やウルトラマンジードなどの特撮に出演。

現在は俳優・声優として活動中。

・新納慎也(キング/バッドファンガイア)

主に舞台俳優として活動。

・松田賢二(次狼/ガルル)

仮面ライダー響鬼、ディケイド、ジオウなどにも出演。現在も俳優として活動中。

女優・辺見えみりの元旦那。

・小越勇輝(ラモン/バッシャー)

仮面ライダー電王にも出演。現在は俳優、歌手として活動中。

・滝川英治(力/ドッガ)

2016年まで俳優として活動していたが、撮影中の事故で脊髄を損傷。

現在も深刻な後遺症が残っているが、芸能活動を再開している。

・木下ほうか(木戸明)

日本を代表するバイプレイヤーの1人。

主に”嫌なヤツ・嫌味なやつ”を演じている。

声の出演

・杉田智和(キバットバットⅡ・Ⅲ・Ⅳ世)

人気声優の1人。代表作は銀魂の坂田銀時。

・石田彰(魔皇竜タツロット)

人気声優の1人。代表作はエヴァンゲリオンの渚カヲル、ガンダムSEEDのアスラン、銀魂の桂小太郎。

 

動画サービスカテゴリの最新記事