仮面ライダークウガを見るならここ!無料で見る方法とおすすめの動画配信サービス

仮面ライダークウガを見るならここ!無料で見る方法とおすすめの動画配信サービス

平成ライダー第1作目として放送された『仮面ライダークウガ』。

人気俳優である『オダギリジョー』さんが主人公を努めていたのも有名な話ですね。

今回は『仮面ライダークウガの動画を無料で!おすすめの動画配信サービス比較』と題して、仮面ライダークウガの動画をお得に見る方法やおすすめの動画配信サービスについて紹介していきます。

仮面ライダークウガってどんな物語?

仮面ライダークウガって一体どんなストーリー?どんな敵が出てくるの?など、基本的な情報をまとめたので、まずは御覧ください。

仮面ライダークウガのあらすじ

西暦2000年。長野山中の九郎ヶ岳遺跡内の棺の蓋を、夏目幸吉教授らの調査団が開けた。それにより、封印されていた古の戦闘種族「グロンギ」が復活を果たし、「リント(人)」を獲物とした殺人ゲームで人間を襲い始めた。捜査にあたった長野県警刑事、一条薫の前に、五代雄介と名乗る冒険家の青年が現れる。彼が興味本位から証拠品であるベルト状の装飾品に触れると、謎の戦士のイメージが脳裏にフラッシュバックした。そこに怪人の一体が長野県警を襲撃。咄嗟の判断で雄介はベルトを装着し戦士クウガに変身した。以後、雄介は人々の笑顔を守るために怪人たちと戦うことを決意する。

出典:株式会社石森プロ|仮面ライダークウガ

平成仮面ライダー第1作目として作られ、20世紀最後の仮面ライダーとなった『仮面ライダークウガ』。

「これまでにないヒーローものを創る」「子供向けであって子供騙しはしない」というスタッフの意向から、特撮ヒーローでありながらサスペンスドラマ的な要素も組み込まれており、メインターゲットの子どもには少々理解し辛い伏線もあることから、良くも悪くも大人向けの要素の強い作品になっています。

また、設定や描写に過激で生々しいものが多く、純粋な子供向けヒーロー番組を望む親を中心にクレームが多く寄せられ、物議を醸しだしました。

『クウガ』はどんな仮面ライダー?

クウガの変身デザインのモチーフとなったのはクワガタムシ。

『クウガ』はリント(超古代の先住民族)の戦士が、体と同化する装飾具、『アークル(変身ベルト)』によって変身する戦士。

アークルは、今作の敵『グロンギ』を封印するため、先代のクウガと共に九郎ヶ岳遺跡に封印されていたが、現代で発掘され、アークルが主人公・五代雄介に同化してからは五代が変身する。

装着者の意思にアークルが呼応すると、アークルに埋め込まれた『霊石・アマダム』が持つ物質を原子・分子レベルで分解・再構築する能力”モーフィングパワー”が発動し、装着者を変身させる。

物語が進むに連れ変身フォームは増えていき、最終的にテレビシリーズに登場したフォーム数は11種となっている。

グローイングフォーム

五代が1番最初に変身した姿。基本カラーは白。「戦士としての心構えが不十分」だったことから変身してしまったクウガの不完全形態。

マイティフォーム

「赤のクウガ」と呼ばれる基本形態。五代が戦う決意を固めたことで変身できるようになった。

専用武器は無く、素手での格闘戦を得意とするバランス型。

ドラゴンフォーム

「青のクウガ」と呼ばれる派生形態。専用武器はドラゴンロッド。パワーや防御面が低くなる替わりに、ジャンプ力・瞬発力・敏捷性に優れ、特にジャンプ力はマイティフォームの3倍を超える。

ペガサスフォーム

「緑のクウガ」と呼ばれる派生形態。専用武器はペガサスボウガン。感覚に特化しており、他のフォームと比べて身体能力は劣るが、視力や聴力といった感覚が研ぎ澄まされる。その反面、全身の神経が極限まで緊張状態となるため、精神力の消耗が激しく、50秒しか形態を維持できない。

タイタンフォーム

「紫のクウガ」と呼ばれる派生形態。専用武器はタイタンソード。攻撃力と防御力に特化しているが、他のフォームと比べて機動力が大幅に落ちる。

ライジングフォーム

五代が電気ショック治療を受けたことがキッカケで発言した強化フォーム。各フォームに金色の装飾が施され、能力が強化される。

強化後の各フォームの名称は『ライジングマイティ』『ライジングドラゴン』『ライジングペガサス』『ライジングタイタン』

アメイジングマイティ

基本カラーは黒と金色。再び電気ショックを浴け、ライジングフォームを永続維持できるようになったことで覚醒したライジングマイティの強化形態。

アルティメットフォーム

「凄まじき戦士」と呼ばれる、クウガの最終形態。

仮面ライダークウガの敵『グロンギ』

人間とほぼ同じ身体・血液構造を持つ、人類に極めて近い超古代の好戦的な先住民族。

その性格は総じて、残虐かつ闘争心旺盛。その邪悪さから先代のクウガの手によって封印されていた。九郎ヶ岳遺跡発掘に伴い200体あまりが現代に復活。警察や世間には「未確認生命体」と呼ばれている。

普段の外見は人間と変わりないが、腹部には『霊跡・アマダム』と同質の『魔石・ゲブロン』が埋め込まれており、これによって驚異的な力を持った怪人へと変身する。

仮面ライダークウガの主人公は『オダギリジョー』

仮面ライダークウガの主人公を努めたのは『オダギリジョー』さん。クウガは彼の出世作とも言われており、その後ドラマ『天体観測』や映画『東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン〜』など、数々の作品へ出演。個性あふれる風貌や幅広い演技で、今も第一線で活躍し続けるトップ俳優です。

ちなみに、オダギリジョーさんが仮面ライダークウガに出たことを黒歴史にしていて、触れないようにしているという噂がありますが、これは全くのデマ。

ただ、リアルな芝居を追求するオダギリジョーさんが「特撮が好きではない」ということは事実で、クウガのオーディションを受けた時も乗り気ではなかったそうです。

しかし、それが「過去とは決別した新しい特撮を作りたい」と考えていたスタッフの想いと一致して、主役への抜擢へと結びついたようです。

”オダギリジョーの主な出演・関連作品”

ドラマ

・仮面ライダークウガ

・天体観測

・NHK大河ドラマ 新選組!

・不機嫌なジーン

・時効警察

・重版出来!

映画

・アカルイミライ

・あずみ

・血と骨

・メゾン・ド・ヒミコ

・ゆれる

・東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~

・FOUJITA

・エルネスト もう一人のゲバラ

仮面ライダークウガを配信している動画配信サービス

仮面ライダークウガのおさらいが終わったところで、動画配信サービスの紹介をしていきましょう。

現在2019年10月現在、『仮面ライダークウガ』を見放題配信している主なサービスは3つ。どれもクウガ以外の平成ライダーの動画も見ることができるのですが、ラインナップに違いがあったりするので、選ぶ基準にしてください。

また、比較的最近の作品は動画配信されていないので、注意してください。

”動画配信されていない作品”

仮面ライダーゼロワン

仮面ライダージオウ

仮面ライダービルド

仮面ライダーエグゼイド

Hulu

動画配信サービスシェア第2位。動画配信サービスと言えば『hulu』を思い浮かべる人も多いでしょう。

仮面ライダークウガのTVシリーズ、クウガが出てくる映画など、基本的なものは全て揃っています。クウガ以外にも昭和・平成問わず、たくさんの仮面ライダー関連作品を配信しており、取り扱っている仮面ライダー関連の動画本数はナンバーワンと言っていいでしょう。

海外ドラマの最速配信や日テレ系のバラエティやドラマを数多く配信しているのも特徴です。

配信されている作品は全て見放題なので、『なんだ有料か・・・」となることもないのも嬉しいポイントですね。

月額料金 933円(税抜)
総動画本数 50,000本
見放題動画本数 すべて
『平成仮面ライダー』の動画ラインナップ ゴーストまで
視聴可能デバイス PC・スマホ・タブレット・TV・ゲーム機
同時視聴 不可
ダウンロード視聴 可能(オフライン視聴可)
最高画質 HD画質
キャンペーン 2週間無料

dTV

日本の動画配信サービスのシェアNo.1なのが『dTV』。

配信している総動画本数はなんと12万本以上。しかも月額は税抜500円。コスパNo.1のサービスと言っていいかもしれません。

平成仮面ライダーのTVシリーズ、映画など基本的なものは揃っていますが、クウガも出演している『劇場版仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』がなかったりと、huluやAmazonプライムと比べるとやや物足りない印象です。

平成ライダーのTVシリーズだけ見られればいい人は問題なく楽しめるでしょう。

月額料金 500円(税抜)
総動画本数 12万本以上
見放題動画本数 すべて(一部有料)
『平成仮面ライダー』の動画ラインナップ ゴーストまで
視聴可能デバイス PC・スマホ・タブレット・TV
同時視聴 不可
ダウンロード視聴 可能(オフライン視聴▲※最初にオンラインでライセンス認証が必要)
最高画質 HD(一部4K)
キャンペーン 31日間無料お試し

Amazonプライムビデオ

通販で有名なAmazonの有料会員【プライム会員】には様々な特典が用意されています。その中の一つがこのAmazonプライムビデオ。

おまけと言えど決して侮れません。豊富な動画ラインナップとオリジナルコンテンツで、「あれ?なんのために会員になってたんだっけ?動画を見るため?」なんて錯覚してしまうくらい充実しています。

仮面ライダーシリーズの動画配信ラインナップに関しては、『huluの次、劇場版の取り扱い数でdTVよりもやや上』といった感じです。

年間プランだと動画配信サービスの中では1番の料金の安さになるということも注目ですね。

最後に言っておきますが、あくまで特典の一つ。気になる人は是非無料お試し期間を利用してみてください。

月額料金 年間プラン4,900円(税込) 月間プラン500円(税込)
総動画本数 70,000本以上
見放題動画本数 9,000作品以上
『平成仮面ライダー』の動画ラインナップ ゴーストまで
視聴可能デバイス テレビ・PC・スマホ・タブレット・ゲーム機
同時視聴 3台
ダウンロード視聴 可(オフライン視聴可)
最高画質 HDR(4K)
キャンペーン Amazonプライム無料体験(30日間)

 

おすすめの動画配信サービスは?

3つのサービスを紹介しましたが、結局どればおすすめなのか?

ズバリ、1番のおすすめは『hulu』です。まずは下の配信作品一覧表を見てください。

hulu dTV Amazonプライム TSUTAYAディスカス
クウガ
アギト
龍騎
555(ファイズ)
剣(ブレイド)
響鬼
カブト
電王
キバ
ディケイド
W(ダブル)
オーズ
フォーゼ
ウィザード
鎧武(ガイム)
ドライブ
ゴースト
エグゼイド
ビルド
ジオウ
ゼロワン  ☓
劇場版
昭和ライダー

平成ライダーのテレビシリーズに関してはどのサービスも変わらないのですが、劇場版、あとは昭和ライダーに関してはhuluが圧倒的に優れています。

ということで1番のおすすめは『hulu』です。ただ、「平成ライダーしか見ない!」という人なら月額料金の安い残り2つから好きな方でいいと思います。

仮面ライダーの内容重視なら『Amazonプライムビデオ』。

TVシリーズだけで十分、一応他の動画も楽しみたいなら『dTV』がおすすめです。

仮面ライダーの動画が1番楽しめるのは『TSUTAYAディスカス』

実は1番仮面ライダーの動画を楽しむことができるのは、宅配レンタルが仕える『TSUTAYAディスカス』なんです。

たしかに動画配信サービスはいつでもどこでも楽しむことができるというメリットがあります。ただし、動画のラインナップに関してはまだまだレンタルには勝てません。その証拠に、配信作品一覧のところで、最も多くの作品を取り扱っていたのはTSUTAYAディスカスでした。

『ネットで注文、宅配便で家に届き、返却はポストへ』

たしかに動画配信サービスと違いやや不便ではありますが、直接お店にレンタルしに行くよりは便利ですよね。

最近の仮面ライダーシリーズも楽しみたいという人は『TSTAYAディスカス』も検討してみてください。

”TSUTAYAディスカスの詳細”

・【ネットで注文→自宅に配達→ポストに返却!】お店に行く必要なし!

・豊富な作品数!TSTAYAで取り扱っている作品全てが見られる!

・送料、延滞料0円

プラン内容

・定額レンタル4→月額税抜933円、新旧問わず好きな作品が月最大4枚までレンタル可能

・定額レンタル8→月額税抜1,865円、新旧問わず好きな作品が月最大8枚までレンタル可能。9枚目以降旧作は借り放題

・定額レンタル16→月額税抜3,670円、新旧問わず好きな作品が月最大16枚までレンタル可能。17枚目以降旧作は借り放題

・定額レンタル24→月額税抜5423円、新旧問わず好きな作品が月最大24枚までレンタル可能、25枚目以降旧作は借り放題

「ちょっと気になる!」という方は『TSUTAYA TV(動画見放題)+TSUTAYAディスカス(定額レンタル8)』を30日間無料で試せる、無料お試しキャンペーンを開催してるのでぜひそちらをご利用ください。

お試し後に、動画見放題の『TSUTAYA TV』だけの利用、定額レンタルの『TSUTAYAディスカス』だけの利用も選択可能ですし、解約もOK!

特に「最近の仮面ライダーを見たい!」という人はおすすめですよ!

ライダークウガを無料で見る方法は無料お試し期間を利用する!

最後に仮面ライダークウガを無料で見る方法を紹介します。

方法は非常に簡単!【各動画配信サービスの無料お試し期間を利用する】です。

 

今回紹介したサービスには、それぞれ無料で試せる期間があります。その期間中に全て見て、解約してしまえば料金はかかりません。

ただ、全ての平成ライダーを見終わることはできないと思うので、各サービスをハシゴして賢く利用すれば、なるべく費用を抑えることは可能です。

面倒臭い人は、それぞれのサービスを利用してみて、気に入ったものを使い続けるという方法もありますね。

なるべく費用を抑えるために使うか、自分にあったサービスを見つけるために使うか、無料お試し期間をうまく利用して、お得に動画配信サービスを利用してください。

 

動画サービスカテゴリの最新記事