東京の新築一軒家(庭・駐車場付き)に22年住めばタダであげます!という衝撃の奥多摩ニュース

NO IMAGE

東京に住みたい!

そんな憧れを持つあなたに朗報です。

東京にマイホーム持てます!しかも新築で、庭と駐車場が付きます!さらに22年住んだらタダで貰えます!

そんな夢のような話がマジであるんです。

奥多摩に移住しよう

「新築一戸建てに22年住めば無料で差し上げます。」

そんなことを言い出したのは東京・奥多摩町。

この話のポイントをまとめるとこうです。

・22年間継続して奥多摩に定住すると新築住宅を無償贈与

・1家族限定

・対象は世帯主が43歳以下で中学生以下の子どもがいる家族

・入居者は広さ約50坪の3つの候補地の中から好きな土地を選べる

・住宅の間取りは2LDK以上

・使用量は月5万円

・子供1人につき使用料から5000円減額

要するに

東京にある新築の庭・駐車場付き2LDK以上の一軒家に月5万で住めます!

ということですね。

これだけ見たらめっちゃ好条件!みんな早速奥多摩町の役場に問い合わせの電話だ!

となりそうですが、果たして本当にそうだろうか?

ちょっと冷静に考えてみようではないか。

奥多摩町に移住することについて考えてみる

そもそも奥多摩ってどこだよ!って人も多いと思うので、どんなところか簡単に説明しておきます。

ザ・田舎

本当にただこれだけ。東京という言葉からイメージされる風景とは真逆の、自然いっぱいのど田舎です。Googleマップで見ることができるので、気になる人は是非。

奥多摩町の人口は現在5229人。この数はWikipediaさんの【日本の町の人口ランキング】によると、全国744ある町の中で第606位です。更に約半数が65歳以上なんだとか。

人もいなくて、町人の約半数がじいさんとばあさんということですね。

ちなみに、2015年に生まれた子どもの数は5人。2016年はちょっと増えて14人。

”田舎の自然の中で子どもをノビノビ育てたい!”

そんな親の気持ちもわかりますが、学校に同い年の子どもが10人前後…これをどう取るかで、その方針って結構変わってきますよね。

田舎で人が少ないことがわかったところで、「東京都言えば!」の主要都市へのアクセスを見てみましょう。

奥多摩町は地図でいうと東京の左端にあるので、一番近い山手線の主要駅は新宿です。

奥多摩駅から新宿までどれくらい時間がかかるのか、手持ちの”乗り換えアプリ”を使って調べてみたところ、約1時間50分かかることがわかりました。

これは少し遠すぎます。

もうちょっと近い大きめの都市は、立川。そこまでの所要時間は約1時間。

お世辞にもアクセスがいいとは言えませんね。

これだけアクセスが悪いと都内に遊びに行くのもかなりの手間ですし、立川周辺ならまだしも、山手線沿いでお仕事している人には、通勤に時間がかかりすぎて現実的ではありませんね。

次は物件です。

22年住めば無料でもらえる物件ですが、月5万の使用料を払わなければなりません。

割引についての詳細が不明なのでそれを一旦忘れて考えると、年60万円、22年で1320万支払うことになります。

候補地がどこなのかわからない為、正確な話はできませんが、あるサイトで奥多摩駅徒歩20分、広さ58坪の土地が380万円でした。

これを考えると、物件はかなりお得に手に入ると考えていいでしょう。

「とにかく新築戸建てを安く手に入れたい!」という人にはバッチリの物件ですね。

簡単に手に入る情報を整理した上で、今回の移住計画にマッチする人は

・東京に住みたい!でも田舎がいい!

・子どもは大自然の中でノビノビ育てたい!

・仕事は家でできるようなフリーの人orたまに出社するだけでいい会社に勤めてている人or奥多摩町の近くで働いている人

こんな感じですね。

でも正直な話、田舎に住みたいけど、どうしても東京の住所が欲しい!という人か、格安で一戸建てが欲しい!という想いに命を懸けている人以外は、無理してこの計画に乗る必要はない気がします。

田舎に住みたいだけなら、日本全国の田舎から好きなところ選んで住めばいいですからね。

スポンサーリンク

まとめ

ちょっと気になるニュースだったので取り上げてみましたが、奥多摩町もなかなか思い切ったことしますよね。

新築戸建て家賃5万の時点でかなり安いですが、子どもが2人いたら4万になっちゃいますからね。なかなかぶっ飛んでます。

それに、都内へのアクセスに時間がかかると言っても、2時間あれば行けちゃいますから『田舎だけど、東京にアクセスすることができる』という強みはありますね!

6月21日まで希望者を募集しているみたいなので、気になる人は奥多摩町に問い合わせてみてください。

雑記カテゴリの最新記事