埼玉でUber Eats配達パートナーになろう!

埼玉でUber Eats配達パートナーになろう!

自分の好きな時間に自由な働き方ができる『Uber Eats』。

2018年9月から埼玉エリアでもサービスが開始され、注文はもちろん配達パートナーとして配達を行うことができるようになりました。

今回は埼玉でUber Eats配達パートナーとして稼働するための情報などをまとめました。

Uber Eatsってなに?

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは、ファーストフード店から行列のできるレストランまで、アプリやウェブサイトから簡単に好きな料理を注文できる最新のフードデリバリーサービスです。宅配場所は自宅だけでなく、オフィスや公園など、いつでもどこでも出来たての料理を届けてくれます。

一見どこにでもある出前サービスに感じるかもしれませんが、Uber Eatsには配達パートナーという仕組みがあり、これは、店員でもない一般の人が料理を届けてくれるというシステムです。

これによりUber Eatsではチェーン店はもちろん、今までデリバリーを頼むことが出来なかった個人経営のお店の料理まで配達してもらうことが可能になった他、効率よくお客さんの元へ料理を届けることが可能になりました。

配達パートナーには誰でもなることが出来て、好きな時間に自由な働き方ができるというメリットがあります。

Uber Eatsの配達パートナーとして配達を行うメリット

Uber Eatsの配達パートナーには様々なメリットがあります。

好きな時間に自由な働き方ができる!

Uber Eatsパートナーになると、いつでもどこでも、1時間でも、休みの日だけでも、毎日でも、自分の好きな時間に自由に稼働することができます。

学業の間に、休みの日に軽い副業で、メインの仕事としてガッツリ!、自分に合った自由な働き方をすることができます。

週単位での報酬支払い

急に飲み会や買い物などでどうしてもすぐにお金が欲しい!

Uber Eatsの報酬は週単位での支払いになっているので、すぐに報酬を受け取ることができます。急にお金が必要になったときに必要な分だけ働いて、すぐに報酬が得られますね。

運動やダイエットに最適

自転車での配達を行えば、運動にもなるし、ダイエットにもなります。

自転車のペダルを漕ぐだけで有酸素運動になるので、今まで運動不足だった人には非常におすすめです。さらに運動しながらお金を稼ぐことができれば、まさに一石二鳥。

体力に自信がある人も、丸1日働けば数十キロを自転車で移動することになるので、運動量もバッチリ、報酬もたっぷりです。

街の穴場スポットや新しい発見ができる

Uber Eats配達パートナーとして配達を行っていると、今で行ったことのなかった場所や通ったことのない道へ行く機会がたくさんあります。その中で美味しそうな飲食店やオシャレなカフェ、雰囲気の良い雑貨屋さんなど、穴場スポットや新しい発見をすることができます。

誰よりもその街に詳しい人になることも可能です。

スポンサーリンク

Uber Eatsの配達パートナーになるには?

Uber Eatsの配達パートナーになるのは非常に簡単!3ステップですぐに配達をすることができます。

1.専用サイトで情報登録

専用サイトで自分の情報を入力、免許証など必要書類を送信して登録しましょう。

2.登録説明会へ行く

登録完了後、登録説明会の案内が届くので、空いている日に行きましょう。アプリの使い方や配達に必要なバッグを受け取ったら準備完了!すぐに働けます。

3.実際に配達する

あとは配達するだけ、自転車や原付きバイクを用意してアプリをオンラインにしてガンガン稼ぎましょう!

手間と言える手間は登録説明会に行くくらいです。それさえ乗り越えてしまえばあとは自由に稼働することができるのが、Uber Eats配達パートナーの強みです。

登録説明会の会場は、東日本エリアだと2018年11月現在、新宿、恵比寿、秋葉原、横浜の4ヶ所。埼玉にはないので、東京まで足を運びましょう。

登録に関する詳しい内容は【Uber Eatsの配達員になるには?評判や登録方法まとめをご覧ください。

埼玉のサービスエリア

2018年11月現在、埼玉のUber Eatsサービスエリアは以下の通りです。今後拡大されていくと思われますが、配達してもらうのも、配達するのも、このエリア内となっています。

詳細なエリア情報に関しては、アプリで検索したい地域を入力すると調べることができます。

サービス開始日時:2018 年 9 月 26 日(水)

営業時間:午前 9:00 〜 深夜 0:00(店舗によって異なります)

サービスエリア:さいたま市内 3 区(大宮区、浦和区、中央区)を含む一部地域

配送手数料:一律 380 円(税込)

対象レストラン:下記対象エリアにある 約80店舗

埼玉エリアで配達するためのお役立ち情報

レンタル自転車など、埼玉エリアでUber Eats配達パートナーとして稼働するのに役立つ情報をまとめました。

レンタルサイクル情報

自転車を持っていない方や、稼働エリアに自転車を持ち込めない人はレンタル自転車を利用しましょう。

さいたま市コミュニティサイクル

駅前や街中に設置されているサイクルポートで自転車を借りて、違うサイクルポートに返すことができるサービスです。

交通系ICで支払いができる他、市内に設置されている24ヶ所のサイクルポートから好きなように自転車をレンタルできるので簡単に利用することができます。

料金は安いのですが、借りることのできる自転車がちょっと小さいので、長距離の移動はやや大変かもしれません。

料金:一時利用最初の30分120円(追加料金120円/時間)、ビジター利用600円/日、定期利用月額2,900円

サイクルポート設置場所:大宮駅西口、与野本町駅、土呂駅、三橋総合公園、大宮駅東口、与野駅、北区役所、大宮盆栽美術館、NACK5スタジアム、大宮図書館、合併記念見沼公園、日進駅、与野公園、イオン大宮店、北大宮駅、桜木駐車場、鉄道博物館駅、さいたま新都心駅東口、ミニストップ鉄道博物館駅前店、北与野駅、加茂宮駅、東宮原駅、今羽根駅、吉野原駅

その他:損額保険付き

公式HPサイト:さいたま市コミュニティサイクル

HELLO CYCLING

東京を中心に全国でシェアサイクリングを利用できるサービス。

HELLO CYCLINGのロゴがある無人ステーションであればどこでも乗り捨てが可能。大宮駅を始め、さいたま市内にたくさんの無人ステーションが設置されています。

電動アシスト自転車が使えるので、長距離の利用でも楽にこなすことができます。ステーションに自転車がなかったり、満杯で返却できないということもあるので、ステーションをハシゴすることがあるかもしれません。

料金:電動アシスト付き自転車 60円/15分、1,000円/日 ※自転車の種類などによって料金は異なります

利用できる場所:東京を中心に全国各所(HELLO CYCLING | STATION SEARCH)

その他:自転車保険あり

公式サイト:HELLO CYCLING

まとめ

Uber Eatsの配達パートナーは時間を選ばず自由な働き方ができる新しい仕事の形です。空いた時間にちょっとだけ、今日は運動も兼ねてガッツリ、など好きなように配達することができて、運動にもなるし、週末や土日にやる副業にもぴったりです。

埼玉でも今後エリアが拡大していくと思うので、是非挑戦してみてください。

Uber Eatsカテゴリの最新記事